『米国と日本の人事管理制度の相違に関するセミナー』

セミナー概要

日本企業にとって米国は、生産拠点や販売市場として、今後も持続的な成長が見込めることから、ますます重要性が高まっています。そうした中、米国子会社の経営で最も難しいのが「人の管理」です。日本から役員や管理職を派遣しても、なかなか米国での人事問題に適切に対応できていないのが現状です。米国と日本では、法制面の違いだけでなく、人事管理に対する考え方やプロセスが根本的に違う点を十分に認識しておく必要があります。今後の米国子会社の一層の発展や米国での企業買収に備えて、日本本社で米国事業を管轄する幹部やグローバル人事部に、米国の人事管理制度全体を理解してもらうため本講座を開設しました。
 

【本講座のポイント】

①米国子会社の管理に不可欠な米国での人事制度全般の知識を提供します 
②日米の人事制度につき、どこが、なぜ異なるのか法律の違いを基に説明します 
③将来米国子会社に役員や管理職として赴任される方にも役立ちます 

 

  追加資料≪YouTube Links≫←クリックしてダウンロードできます

 

セミナー内容

 

発展講座群

 

 

グローバル人事部や海外事業部のための 
 『米国と日本の人事管理制度の相違に関するセミナー』 
~採用の仕組みから退職制度まで~

 

 

<主な内容>

 

Ⅰ 定年制度の有無 
米国の年齢による差別禁止法の下では、定年制度はおろか、役職定年制、60歳再雇用制度などもすべて違法 


Ⅱ 採用制度の相違 
日本では新卒定期採用が中心で、ポジションによる初任給の差はないが、米国では空きポジション発生時の中途採用が中心。給与はポジションごとに異なる 


Ⅲ 給与決定制度の相違 
日本では社内の職階や格付けによる給与決定方式だが、米国では職種や経験年数、学歴、資格の有無に基づく人材市場での市場価格の影響が大きい 


Ⅳ 従業員の離職対策の重要性 
上司の中心的役割は、日本では部下の指導・育成だが、米国では部下への職務上必要な情報や援助など働きやすい職場環境の提供と結果管理 


Ⅴ 人事評価制度の相違 
米国では、評価次第で解雇されることもあり得るので、日本よりも客観性や納得性が求められる 


Ⅵ 社内人事異動や昇進制度 
米国では、社員の大部分がそれぞれ専門分野を持っているので、日本のような定期的な人事異動や会社による一方的な昇進の発令は難しい 


Ⅶ 就業規則や人事慣例 
訴訟社会といわれる米国では就業規則や人事慣例は、訴訟対策上、日本よりもはるかに大きな役割を果たす 


Ⅷ 部下の職務管理と部下への権限委譲 
部下がいつ辞めるかわからない雇用状況の中、上司は、常時、部下の仕事の現状を把握しておく必要がある 


Ⅸ 解雇や人員整理に対する取り組み 
職務遂行能力不足は、解雇につながることもある。また、過剰な人員は希望退職者募集や人員整理で対処する 


Ⅹ 社内教育制度 
社員の離職率が高いため社員教育はできるだけマニュアル化し、いつでもだれにでも教えられるようにする  

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※セミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。 

 

 

 

 

すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。