管理職研修シリーズ マネジメントの基礎を学ぶ『管理職の基本と原則』

セミナー概要

本講座では、労務管理だけでなく、リーダーシップやコーチングなど管理職に必要な多様なスキルについて、ショートケースやインバスケットなど各種演習を通じて、分かりやすく効率的に学習していきます。初任管理職から管理の基本を学び直したいベテラン管理職まで、管理職として一皮むける経験を本講座で体験してください。また、研修担当者の皆さまも自社での『管理職研修』に大いに参考になります。ぜひご参加ください。
※ご参加の方には、講師著『厳選100項目で押さえる 管理職の基本と原則』(労務行政)を進呈します。

 

【本講座のポイント】

①ケース演習を繰り返すことで管理職としての思考と着眼点が身に付きます 
②アセスメントや自己診断テストで、自身のマネジメントスタイルが分かります 
③組織変革をリードしていくための行動とマインドセットが理解できます 

セミナー内容

  

管理職講座

 

 

管理職に必要なスキルセット(知識・行動・マインドセット)を1日で学べます 
マネジメントの基礎を学ぶ『管理職の基本と原則』 
  ~ビジネスケースや各種ワークを通じて、アクティブに学ぶ~ 

 

 

<主な内容>

 

1.管理職としての基本知識を確認する 
管理職として必須の労務管理知識(コンプライアンス、メンタルヘルス、働き方改革などのトレンド)をチェックテストで確認 


2.自身のマネジメントスタイルを可視化する 
具体的な日常管理の場面を想定したケース演習(インバスケット)を通じて、自身のマネジメントスタイルをチェックし、その改善のための処方箋を学ぶ 


3.成果を生み出すための管理手法を学ぶ 
ショートケースを使って、目標設定、KPI管理、PDCAマネジメント、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)、タイムマネジメントなどを学ぶ 

 

4.問題解決のための思考法を学ぶ 
コンセプチュアル・スキルを鍛えるための演習課題に挑戦し、問題解決のためのステップや意思決定などの思考法を実践的に学ぶ 

 

5.部下を説得し、動機づけるスキルを学ぶ 
具体的な部下指導の方法を行動分析学とコーチングスキルをベースに学習。ペアになって対話演習を行い、改善点を講師がアドバイス 

 

6.組織を動かすための理論とスキルを学ぶ 
組織開発に関する理論をベースに、自律的に行動するメンバーを増やし、組織の一体感を高め、組織を変革していくための手法を実践を通じて学ぶ 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

ウィッシュリストに入れる

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連書籍

前へ

次へ