『同一労働同一賃金に基づく人事制度の見直し実務』【半日】

セミナー概要

 

 いわゆる正社員と非正規社員(契約社員、パートタイマー、派遣社員)の間の不合理な待遇差の解消を目指す同一労働同一賃金は、給与をどのように支払うか、という問題としてのみとらえられがちですが、実は、マネジメントそのものの問題といえます。
多くの日本企業は、人がいればそこに業務を割り振るスタンスですが、本来、業務と給与の関係は明確に定義されたものであるべきです。
本講座では、同一労働同一賃金への対応方法について、人事制度の見直しの仕方に加えて、そもそもの役割分担や業務分担の在り方も含めて、企業として取り得る選択肢、対応方法について解説します。
さらに、法律への短期的な対応だけでなく、今後の労働環境を踏まえた中長期的な観点からの人事制度の在り方についても取り上げ、今後の人材マネジメント方針そのものの在り方に関する視点とヒントを提示します。 

 

【本講座のポイント】

 

①同一労働同一賃金への対応方法の基本的な考え方をお伝えします 
②パート・アルバイトへの対応だけでなく、定年後再雇用者への対応方法も解説します 
③短期的な対応だけでなく、中長期的な観点からの考え方をご提示します 

セミナー内容

 

発展講座群

 

法施行に向け準備する。不合理な待遇差の解消に向けたノウハウ 
『同一労働同一賃金に基づく

      人事制度の見直し実務』【半日】


~法施行を前に制度を見直すべきか、業務を見直すべきか~ 

 

 

 

 

《主な内容》

 

Ⅰ 同一労働同一賃金とは 
1.同一労働同一賃金の基本的な考え方・原則ルールについて
2.報酬項目ごとの対応方針
 -基本給
 -賞与
 -手当等 


Ⅱ 同一労働同一賃金に基づく制度見直しの方法 
1.業務分担・役割分担は変えずに、制度を見直す方法
2.業務分担・役割分担そのものを見直す方法 


Ⅲ 定年後再雇用者への対応 
定年後再雇用者へ、どのように同一労働同一賃金の考え方を適用すべきか 


Ⅳ 多様な働き方を許容する、これからの人事制度の在り方 
1.正社員、非正規社員という区分が意味をなさない時代における人事制度とは
 -会社として、どのような社員の在り方を許容するか?
2.それぞれの社員は、何を担い、どんな貢献をするのか?
3.それにどう報いるか? 
 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※セミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。
 

すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー