【広島】『社員の自動車・自転車管理と事故対応』

セミナー概要

 改正道路交通法による厳罰化 、てんかん事故等を念頭に置いた自動車運転死傷行為処罰法の制定といった動きにより、飲酒運転・運転中のてんかん発作・危険運転・自転車による事故など、時を追うごとにさまざまな事故に対する企業責任の追及が顕著になっています。企業責任の発生を限定し、事故が発生した場合に対被害者・対従業員の両面で適切な対応が必要となりますが、実際には初期対応を誤るなど、大きなトラブルに発展するケースが少なくありません。本講座では実際の多くの実例を交えながら、日常・緊急時に企業がとるべき対応策を解説します。

 

 

【本講座のポイント】

  ① 事故が及ぼす重大な経営リスクがわかる 
  ② 事故の際の適切な初期対応、日頃の管理体制のポイントが分かる 
  ③ リスクを軽減、予防に役立つ規程例で実務に役立つ

セミナー内容

【広島開催】

 

基礎講座群

 

知っておくべき車両管理・事故に関する対応ポイント 
『社員の自動車・自転車管理と事故対応』 
~企業問われる法的責任から事故の際の対応策まで実例を交えて解説~

 

 

<主な内容>

 

Ⅰ 自動車・自転車事故をめぐる状況  
 1.社有車の事故は重大な経営リスク
 2.道交法・刑法改正による罰則強化の経緯
 3.自動車運転死傷行為処罰法の制定 


Ⅱ 自動車事故により企業に問われる責任 
 1.企業が負う民事責任とは(使用者責任/運行供用者責任)
 2.企業はどのような場合に責任を負うのか
   従業員のマイカー事故・社有車の無断使用による事故 など 


Ⅲ 事故が発生した場合の具体的対応策 
 1.従業員に徹底しなければならない「事故時の対応」とは
 2.事故が生じた場合の上司・企業の対応
 3.飲酒運転対策  など
 
Ⅳ 自転車事故をめぐる社会状況 
 1.自転車使用に伴うリスク
 2.「自転車」の定義
 3.自転車事故による責任
 4.自転車に関する保険 


Ⅴ 自動車・自転車管理をめぐる社内体制整備 
 1.社内体制整備の手順
 2.各種規程の整備
 3.教育・研修を行う際のポイント など

 
Ⅵ 有効な諸規程の作成・検討 
 1.「社有車」管理の関連規程
 2.「運転者」管理の関連規程
 3.「マイカー使用」の関連規程
 4.自転車使用に関する規程  など 

 

 

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※セミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

オンラインLIVEセミナーとは、インターネット光回線を利用して、東京会場での講義内容を、同時にLIVE会場に中継するものです。講師の登壇は東京会場のみですが、質疑応答はLIVE会場からも可能です。

オンラインLIVEセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。  ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。


ウィッシュリストに入れる

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー