『人事担当者のためのコミュニケーション力養成講座』

セミナー概要

人事担当者の必須スキルの一つに「コミュニケーション力」があります。人事担当者がコミュニケーションをとる対象は、経営層、現場の管理職、一般の社員、採用担当であれば学生と、相手のポジションや年齢もさまざまで、高度なコミュニケーション力が求められます。また、円滑に業務を遂行していくためにも、相手の考えや気持ち・感情を察知・理解し、自分の考えを効果的に伝えることが重要になります。しかしながら、当たり前のように行っているコミュニケーションについて、その種類や相手に与える効果、相手の特質を踏まえた対応を正面切って学ぶ機会はありません。では、お笑い芸人という“しゃべりのプロたち”は、どのようなスキルを駆使し、ノウハウを活用して、人を魅了し、惹きつけるのでしょうか。コミュニケーション力を高め、“人間味・温かみあふれる”人事担当者として一皮むけるために、これまで誰も教えてくれなかった、すぐに使えるプロのスキルをお伝えします。

 

 

【本講座のポイント】

①笑いのメカニズムを活用したコミュニケーションスキルを持ち帰れます 
②自分の印象を自己プロデュースする仕方が学べます 
③どこでも教えてくれない一生使えるスキルを学べます

セミナー内容

 

基礎講座群

 

 

元お笑い芸人が教える! 
『人事担当者のためのコミュニケーション力養成講座』 
~一流の芸人も活用している、人事担当者が持つべき「話す、伝える、共感を得る」スキル~

 

<主な内容>

 

Ⅰ コミュニケーションの重要性を理解する-人事担当者の基盤スキル 
1.コミュニケーションの構成要素
2.「関係性の質」を高めることが「成果の質」を高めることにつながる
3.「スカブラ」雑談を通じて生産性を高める 


Ⅱ 自己プロデュースする-“人間味・温かみあふれる”人事担当者になるために 
1.自己プロデュースするために必要な要素とは何か
2.“すべらない話”から人が話しやすくなる場をつくる
3.リアクションを活用し、話しやすい場をデザインする

 
Ⅲ 自分を知る-自分のスタイルを知り、日々に活かす 
1.大喜利を活用しながら自分の印象を理解する
2.笑いのメカニズム:“フリ”と “オチ”
3.相互フィードバックから自分の“フリ”を知る
 
Ⅳ タイプを見極めるー誰にどんな言葉が伝わりやすいか 
1.得意なタイプと苦手なタイプ
2.各タイプによって心に届きやすい言葉を考える
3.SNSから見える価値観の見極め 


Ⅴ 人と人をつなげる-関係性を強化し、シナジーを産み出す 
1.一般の“イジる”と芸人の“いじる”の違い
2.周囲のモチベーションを高める芸人の“イジる”技術
3.タイプによって刺さる言葉 


Ⅵ すべらないアイスブレイクを作成する 
1.お笑い芸人が活用しているトークの構造を理解する
2.時事ネタ・身の回りの出来事を使い実際に作ってみる
3.ロールプレイを通して発表する

 

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。

※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

ウィッシュリストに入れる

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。