【大阪LIVE】『改正労基法施行後の対応チェックと人事のこれから』【半日】

LIVE配信

セミナー概要

2019年4月から改正労働基準法をはじめとする「働き方改革関連法」が順次施行され、現場では落とし込みが課題となります。しかし、改正法に関しては、短期間のうちに膨大な省令・通達・指針・Q&A・ガイドラインが出されたので、そのすべてをチェックし、理解するのは難しいと言わざるを得ません。そこで、そうした状況を踏まえて、改正法に関する実務対応を短時間で総まとめチェックできる講座を開講します。
また、同一労働同一賃金は2020年4月(中小企業は2021年4月)の施行に向けて、日々情報がアップデートされており、2018年年末にはガイドラインが公表されました。2018年6月に出されたハマキョウレックス・長澤運輸事件の両最高裁判決以降の裁判例も出てきているので、その最新事情も解説します。
労働法を取り巻く環境が激変する今、現時点の最新議論を整理でき、実務対応に備えるのに絶好の機会です。ぜひご参加ください。

 

【本講座のポイント】

①2019年法改正の最新状況が学べる 
②働き方改革関連法施行による実務上の変更点をチェック 
③同一労働同一賃金に関する法令・裁判例の最新情報を把握 

 

セミナー内容

【大阪LIVE】

発展講座郡

 

 

改正法対応に向けた実務上のポイント総まとめ 
『改正労基法施行後の対応チェックと

   同一労働同一賃金のこれから』【半日】 
~2019年施行の確認、2020年施行の対応検討に向けて最新情報を整理~

 

<主な内容>

 

Ⅰ 働き方改革関連法による実務上の変更点をチェック 
  1.改正労基法による実務の変更点
 2.労働時間に関する省令・Q&Aを踏まえた実務的論点解説
 3.労働時間管理の実務対応
  
Ⅱ 同一労働同一賃金に関する最新事情 
  1.同一労働同一賃金問題の基本的考え方
 2.基本給・賞与・退職金の設計について
 3.各種手当の設計について(ガイドラインを参考に)
 4.実務対応のポイント

 
Ⅲ 働き方改革関連法の最新動向 
  1.行政指導の最新動向
 2.省令・通達の動向
 3.労働政策審議会の動き
 4.働き方改革関連での最新資料  

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります
※上記表示価格はお申し込みに適用される、受講者1名様ごと価格です。

オンラインLIVEセミナーとは、インターネット光回線を利用して、東京会場での講義内容を、同時にLIVE会場に中継するものです。講師の登壇は東京会場のみですが、質疑応答はLIVE会場からも可能です。

オンラインLIVEセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。  ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。


ウィッシュリストに入れる

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー