『会計の知識と決算書の読み方基礎講座』

  • ジャンル:賃金、賞与
  • 講師:若松 弘之 氏 プロフィール
  • あなたの評価を投稿しませんか?

  • 開催日: 2018年12月05日
  • 会場:東京都 株式会社 労 務 行 政 セミナールーム
    (東京都品川区西五反田3-6-21 住友不動産西五反田ビル3F)【会場地図】
  • 時間: 10時00分~16時30分 (開場09時30分)
  • 通常価格:29,160
  • WEB限定価格:28,960
  • WEB労政時報会員・労働法ナビ会員特別価格:23,560
  • ※特別価格での提供は、『労政時報』を購読のうえWEB労政時報へ利用登録いただいたIDとパスワードをご利用ください。
  • 残数:あり
セミナー概要

変化の激しい経営環境下、会社の経営課題を浮き彫りにしつつ、将来の処方箋のベースとなる会計知識は、人事・労務担当者にとってもキャリアアップの強い武器となるでしょう。本講座は、会計初心者を対象にして、簿記の理解に始まり、財務会計や管理会計の基礎部分までを解説します。具体的には、貸借対照表(B/S)や損益計算書(P/L)等の決算書の構造やつながりを理解するとともに演習も取り入れながら、経営実態の分析手法を理解していきます。

 

【本講座のポイント】

 

①簿記の基礎知識と決算書の基本構造をしっかり理解する 
②決算書のつながりを確認し、企業の実態を俯瞰的に把握する 
③演習を通じて決算書分析手法を体感する

セミナー内容

基礎講座

 

人事・労務担当者も知っておきたい

      『会計や決算書分析の基本』     
  ~知識ゼロから学ぶ会計の基本と実務への活用~

 

 

<主な内容>

Ⅰ決算書はどのように作られている? 
  1.会計や決算書の必要性
  2.簿記の基本理解
  3.財務諸表からわかること

  4.3つの財務諸表のつながり 


Ⅱまずは決算書のどこを見る? 
  1.貸借対照表の概要・ポイント
  2.損益計算書の概要・ポイント
  3.キャッシュ・フロー計算書の概要・ポイント 


Ⅲ実際に決算書を分析してみよう! 
  1.財務分析の基本
  2.ケース・スタディに挑戦!
  3.ケース・スタディの解説 


Ⅳ最近の会計基準やトピック 
  1.会計基準の改正動向など
  2.減損会計の基本
  3.新基準で変わる収益認識


    
  
※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。
※上記表示価格はWEBからのお申し込みに適用される、受講者1名様ごとの特別価格です。
※FAXによるお申込みの場合、受講者1名様の受講料は以下のとおりです。
 「労政時報」購読会員:労働法ナビ会員特別価格:23,760円, 
  /一般参加:29,160円(いずれも税込・昼食付)

すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー

人事給与アウトソーシング実績NO.1のエイチアールワン株式会社