『HRテクノロジーの活用と今後の展望』

  • プロフィール
  • あなたの評価を投稿しませんか?

  • 開催日: 2018年05月09日
  • 会場:東京都 株式会社 労 務 行 政 セミナールーム
    (東京都品川区西五反田3-6-21 住友不動産西五反田ビル3F)【会場地図】
  • 時間: 10時00分~16時30分 (開場09時30分)
  • 通常価格:32,400
  • WEB限定価格:32,200
  • WEB労政時報会員・労働法ナビ会員特別価格:26,800
  • ※特別価格での提供は、『労政時報』を購読のうえWEB労政時報へ利用登録いただいたIDとパスワードをご利用ください。
  • 受付終了
セミナー概要

AIやピープルアナリティクス、クラウド活用、RPAなど、最先端のIT関連技術を活用して、人事分野の業務効率化や採用・人材育成・評価・配置・登用などの戦略的展開を図る「HRテクノロジー」(HRテック)が急速に注目を集めています。その導入効果は、上記のほか退職リスク分析・退職抑制策立案、社員の行動・感情の可視化を通じた生産性改善など幅広い領域に及ぶとされ、単なる「業務効率化のレベル向上」にとどまらず、中長期的には人事パーソンに求められる資質要件や働き方そのものを変容させる可能性も示唆されています。
 そこで、本講座では、人事分野における「HRテック」の現状と可能性を専門家に解説いただくとともに、実際に採用精度の向上や自社の退職予測等に活用している2社の担当者に取り組み内容を紹介していただきます。ぜひご参加ください。

 

【本講座のポイント】

①HRテクノロジーを武器に価値創出型人事へ進化するためのポイントを解説 
②先進2社の企業事例を紹介(パーソルホールディングス、日立製作所) 
③AIを活用した人事業務高度化に向けての視点とヒントを提示

セミナー内容

発展講座群

 

HRテック最前線 
『HRテクノロジーの活用と今後の展望』 
~解説と事例からデータ分析・連携による人事領域での新たな取り組み~

 

<主な内容>

 

解説 テクノロジーがもたらす人事の新たな価値 
アナリティクスやクラウドといったITの活用により人事の価値創出方法が大きく変わろうとしている。本パートでは価値創出のポイントに加え、導入時のハードルの越え方や今後の人事パーソンに求められる力を解説する 


事例① パーソルホールディングス
 蓄積してきた人事データを活用し、「退職予測モデル」「異動後活躍組織予測モデル」を自社で構築
 1.ピープルアナリティクスに取り組み始めた背景と課題感
 2.「退職予測モデル」「異動後活躍組織予測モデル」をはじめとする事例紹介
 3.今後の取り組みの展望 


事例② 日立製作所 
応募者・社員の適性検査データ等を基に、今後の事業展開を視野に

                  人財ポートフォリオを設定、採用精度の向上を図る
 1.新卒採用に人財分析の手法を取り入れた背景・狙い
 2.「人財データアナリティクス」の進め方
 3.現状の成果と今後の展望

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※セミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。
※上記表示価格はWEBからのお申し込みに適用される、受講者1名様ごとの特別価格です。
※FAXによるお申込みの場合、受講者1名様の受講料は以下のとおりです。
 「労政時報」購読会員:労働法ナビ会員特別価格:27,000円, 
  /一般参加:32,400円(いずれも税込・昼食付)


 

ウィッシュリストに入れる

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

人事給与アウトソーシング実績NO.1のエイチアールワン株式会社