本では学べない『労働法実践ゼミナール』【全2回】

セミナー概要

企業の労務担当として、一通り労働法の勉強をしたものの、実務経験が不足している方は少なくありません。本で学んだことがあっても、実務の場面はさまざまな応用問題が潜んでおり、これらについてはすべて言語化することが難しい性質のものもあります。本講座では「本では学べない」「本には書けない」が、「実務では必ず問題となる」事象を取り上げて、ディスカッション、ロールプレイ、専門家による実務に根ざした解説を行うことで、日常業務だけでは得がたい「労担実務」を追体験していただくことを目的としています。
特に、よりリアルな状況を再現すること重視し、設例に基づく事例検討、ディスカッション、そして参加者・講師によるロールプレイを特徴があります。
労働法の基礎知識を習得した上で、不足している実践経験を補う意味でも人事初任者~中級者の方、他企業の考え方・動向を知りレベルアップしたいという方にお勧めです。共に勉強し、自らを高めていきましょう。ぜひ参加をお待ちしています。

 

【本講座のポイント】

 

①机上の空論ではなく、実例に基づく実務のあり方を学べます 
②弁護士の解説に加えて参加者同士のディスカッションで、より理解を深めます 
③採用面接や退職勧奨などの臨場感に満ちたロールプレイは他にはない内容です

 

セミナー内容

労働法ゼミ

 

リアルな設定で実践力が身につく 
倉重弁護士の

『本では学べない 労働法実践ゼミナール』(全2回) 
~採用・労働時間・退職・組合問題等の実務対応を体験する~

 

<主な内容>

 

Ⅰ 本では学べない「採用」の実務 
   1.採用面接のロールプレイ
   2.内定辞退を防ぐためには?
   3.内々定を出すときの注意点
   4.本では学べない「採用」にまつわる実務経験 


Ⅱ 本では学べない「労働時間」の実務 
   1.ダメな「働き方改革」と良い「働き方改革」
   2.労働時間にメリハリをつけるには
   3.労働時間が減って手取り収入も減り、モチベーションは下がるのか
   4.労働時間削減の実務対応
   5.生産性を上げる取り組みとは? 


Ⅲ 本では学べない「退職」の実務 
   1.日本では極めて難しい解雇を有効にするために必要なこと
   2.解雇事案の実務対応
   3.退職勧奨の実務・留意点・コツ
   4.退職と解雇の境界線
   5.休職と解雇
   6.本には書けない「退職」の実務 


Ⅳ 本では学べない「組合対応」の実務 
   1.社内労組対応の実務
   2.外部合同労組対応の実務
   3.対応ロールプレイ
   4.本には書けない「組合対応」の実務 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。

※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。
※上記表示価格はWEBからのお申し込みに適用される、受講者1名様ごとの特別価格です。
※FAXによるお申込みの場合、受講者1名様の受講料は以下のとおりです。
 「労政時報」購読会員:労働法ナビ会員特別価格:36,720円, 
  /一般参加:43,200円(いずれも税込)

 

ウィッシュリストに入れる

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー

人事給与アウトソーシング実績NO.1のエイチアールワン株式会社