『労働基準法の基礎知識』

セミナー概要

 職場で必要な労働関連の法律は数多くありますが、最も重要なのが『労働基準法』です。
本講座では、初めて法律に触れる方、人事担当者として初任の方、あるいは初任管理職の方々を対象に、労働基準法を基本から解説します。
 今回は、人事担当者の方が直面する労務トラブルに際して参照する条文、あるいは採用・入社から退職まで労働者や現場管理職がそれぞれの場面で必要となる条文について解説します。1日で労働基準法の基礎をしっかり理解できるお勧めの講座です。ぜひご参加ください。 

 

【本講座のポイント】

  ① 労基法をはじめとした労働法全般の基礎と要点が簡潔に学べます 
  ② 実際に想定される、もしくはよくあるケースで実務的なポイントが分かります 
  ③ 実務上重要な判例と実務対応上の注意点が把握できます 

セミナー内容

 

基礎講座群

 

1日でしっかり理解する 
 『労働基準法の基礎知識』 
 ~職場で必須の基礎知識を1日でコンパクトに解説~ 

 

 

<主な内容>

 

Ⅰ 労働基準法とは 
  1.労働基準法とはいかなる法律か
  2.監督行政機関である労働基準監督署の動向 

 

Ⅱ 労働契約の締結における注意点 
  1.労働者募集時の問題点
  2.労働契約の期間 ——改正労働契約法による有期雇用者保護
                      「無期転換ルール」の特例法
  3.労働条件の明示
  4.採用内定の法的性質と内定取り消しトラブル
  5.試用期間の法的性質と本採用拒否の可否
  6.身元保証人はあてにできるか

 

Ⅲ 賃金・賞与・退職金の諸問題 
  1.労働契約・就業規則・労働協約・労使慣行
  2.賃金
  3.賞与に関する諸問題
  4.退職金に関する諸問題

 

Ⅳ 労働時間、休日・休暇、年次有給休暇 
  1.労働時間とは
  2.時間外労働に関する規制
  3.平成22年改正労基法の内容
  4.休日・休暇
  5.年次有給休暇
  6.未払い賃金請求のトレンドとは

 

Ⅴ 労働契約の変更・解消 
  1.退職、解雇、雇止め、定年
  2.退職をめぐる問題
  3.解雇をめぐる問題
  4.雇止めをめぐる問題
  5.定年をめぐる問題   ——希望者全員の雇用確保に向けた法改正への対応

 

Ⅵ 人事と懲戒の実務 
  1.人事異動の方法
  2.配置転換の規制
  3.出向の規制
  4.転籍の規制
  5.懲戒

 

<参考>  セクハラ・パワハラ問題 
  1.セクハラの法規制
  2.セクハラの民事・刑事責任
  3.パワハラにならないための注意点

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※セミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。
※上記表示価格はWEBからのお申し込みに適用される、受講者1名様ごとの特別価格です。
※FAXによるお申込みの場合、受講者1名様の受講料は以下のとおりです。
 「労政時報」購読会員:労働法ナビ会員特別価格:23,760円, 
  /一般参加:29,160円(いずれも税込・昼食付)

すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー

人事給与アウトソーシング実績NO.1のエイチアールワン株式会社