『出産・育児・介護の法規制と手続き詳解』

セミナー概要

 社員が妊娠すると、産休や育児休業の取得、職場復帰後の両立支援といった労務管理が必要です。また、2017年の法改正では介護休業の分割取得や介護休暇や子の看護休暇の半日単位での取得が可能となったことから、長期間にわたって履歴を管理することが必要になってきました。本講座では、難解な法規制・制度や複雑な各種保険手続きについて、出産から育児までといった一連の流れを時系列に解説します。前半では法制度概要に触れて、全体像をつかんでいただき、後半で具体的な手続きについて、記載のポイント、留意点などを解説します。ぜひご参加ください。

 

 

 

【本講座のポイント】

①育児・介護関係法令の規定を時系列で整理 
②育児・介護関係の各種保険手続きがわかる

セミナー内容


発展講座群

 

育児・介護の法規制と手続業務全般を丸ごと解説! 
『出産・育児・介護の法規制と手続き詳解』 
~難解な法令の理解や複雑な手続きを実務的な視点から解説~

 

 

<主な内容>

Ⅰ 育児休業・介護休業についての法規制の全体像 
1.出産から育児まで 法規制・制度の全体像
2.平成29年改正後の介護関係制度の全体像 


Ⅱ 出産・育児関係の法規制 
1.妊娠中の期間
2.産前産後の期間
3.子が1歳および2歳に達するまでの期間
4.子が3歳に達するまでの期間
5.子が小学校に就学するまでの期間 


Ⅲ 介護関係の法規制 
1.介護休業
2.介護短時間勤務等
3.両立支援措置 


Ⅳ 出産から育児までの各種保険手続き 
1.妊娠から産前休業
2.産後休業
3.育児休業(1歳まで)
4.育児休業(延長&3歳まで)
5.復職時の手続きき
 
Ⅴ 介護休業給付金と介護休業事例 
1.介護休業給付金
2.介護休業取得事例と他社事例 

 

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。

※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。
※上記表示価格はWEBからのお申し込みに適用される、受講者1名様ごとの特別価格です。
※FAXによるお申込みの場合、受講者1名様の受講料は以下のとおりです。
 「労政時報」購読会員:労働法ナビ会員特別価格:23,760円, 
  /一般参加:29,160円(いずれも税込・昼食付)

すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー

人事給与アウトソーシング実績NO.1のエイチアールワン株式会社