この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

商品情報

実務家のための
労働法令読みこなし術 


元衆議院法制局参事 吉田 利宏 著

 


法情報の分析や理解も

条文の読み解きができてこそ生きるもの
ネット時代に押さえておきたい

法令情報を読み解くスキルとテクニック

□法令の階層や条文の構造を押さえる

 法律の目的規定と定義規定、本則と附則、
 判決と判例の違い など

□法令用語を押さえる

 「又は・若しくは」「準用する」「場合・とき」

 「無効・取消し・撤回」など

□法令や判例の検索術を押さえる

 法令・判例・通達の調べ方、

 法改正情報の見方・使い方 など

 

※この書籍の電子版は、主要電子書店にてお買い求めいただけます。 

 

 

 


 

登録情報

第1章 人事担当者のための法令基礎知識

 1 人事部と労働法

  [1]「労働法」とは?

  [2] 労働法の三つの分野

  [3] 複雑化する労働法とリーガルマインド

 2 法の原理原則を知る

  [1] 法律秩序の基本原理

  [2] 私法の基本原理

  [3] 適正手続きの保障と罪刑法定主義

  [4] 懲戒権の濫用

  [5] 懲戒処分と適正手続きの保障

  [6] 判決と判例の違い

  [7] 判例法とは

  [8] 実務家にとっての判例の意義

  [9] 就業規則と労働協約

 3 法令の階層を知る

  [1] 法令の階層性

  [2] 政省令への委任

  [3] 政省令への委任事項の振り分け

  [4] 施行令・施行規則以外の政省令

  [5] 告示

  [6] 条例と規則

  [7] 通達(通知)

 4 条文の構造を知る

  [1] 題名

  [2] 目次

  [3] 章名 

  [4] 見出し

  [5] 条

  [6] 項

  [7] 号

  [8] 法律番号

 5 法律の全体構造を知る

  [1] 法律の全体構造

  [2] 総則

  [3] 実体的規定

  [4] 雑則

  [5] 罰則

  [6] 附則

 6 法律ができるまで

  [1] 法律案の作成過程

  [2] 審議会情報などから法改正を予測する

  [3] 国会の審議情報から法律案の内容を知る

  [4] 法公布後の情報チェック

  [5] 終わりに

 

第2章 会社で教えてくれない法令読みこなし術

 1 条文を読み解く知識と理解

  [1] 題名と法律番号

  [2] 公布文と制定文

  [3] 前文・目次

  [4] 別表と表

  [5] 付録・様式・別記・別図

  [6] 原始附則と一部改正附則

  [7] 条・項・号

  [8] 見出し

  [9] ただし書・前段・後段

  [10] 法律の構造

  [11] 目的規定

  [12] 趣旨規定

  [13] 定義規定と略称規定

  [14] 責務規定

  [15]「時系列の支配」を知る

  [16] 罰則の話(その1)

  [17] 罰則の話(その2)

  [18] 罰則の話(その3)

 2 法令用語の解釈ルール

  [1] 法令用語が必要なわけ

  [2]「又は・若しくは」「及び・並びに」

  [3] その他・その他の

  [4]「場合・とき」

  [5] 準用する

  [6] みなす・推定する

  [7] 以上・以下など

  [8]「する」「しなければならない」「するものとする」

  [9]「することができる」ほか

  [10] 無効・取消し・撤回

  [11]「ご都合主義」の言葉に要注意!

  [12]「原則と例外」の規定パターンに慣れる

  [13] 通達・通知の役割

 

第3章 法令・判例の情報収集・検索術

 1 法令編

  [1] 法令の検索

  [2] 法改正情報

  [3] 通知の検索

  [4] その他

 2 判例・命令編

  [1] 判例

  [2] 命令

付録 「労働法ナビ」使いこなし術

 1 労働法ナビの特長

 2 試しに「改正高年齢者雇用安定法」に関連する情報を探す

 3 具体的な利用場面でのイメージ

 4 「かゆいところに手が届く」理由


索引

関連セミナー

人事給与アウトソーシング実績NO.1のエイチアールワン株式会社