ウィッシュリストに入れる

ウィッシュリストとは?

資料請求する
すぐ問い合わせする
一括で問い合わせする
商品情報

企業にとって組織機能を最大限発揮するためには、組織とその構成員である社員が自立的に行動する状態を創り、組織を活性化する必要があります。そのためには前提として企業が持つ考え方や価値観を社員と共有する事が必要であり、換言すれば「企業が目指す方向性」や「企業活動を行う上での判断軸」を共有することが必要であると言えます。
「MVVコンサルティング」により、貴社の社員が自立的に行動できるようなビジョン構築をご提案し、組織活性に貢献します。

 

 

特徴

 

社会的な現状のポジションと当面の戦略、長期目標といった事柄は、企業によって異なります。本プログラムは、貴社が持つ価値観を言語化し、社員に共有できるようなメッセージにします。また、言語化した考え方や価値観を社員と共有できるよう、最少回数で意思を伝えられるコミュニケーションパスを策定し、組織全体に浸透できるようにします。

 

 

プログラムの内容

 

経営陣の考え方や価値観を共有するには、「言語化」「伝達/意思疎通」「仕組み化」の3つが欠かせません。私たちはビジョン構築により、経営陣のメッセージを企業全体に浸透させるようお手伝いします。

 

【言語化】 価値基準の形成(伝達容易性の担保)

 

なかでも、言語化は価値基準を形成する上で最初の一歩です。企業それぞれが持つ考え方や価値観は、言語化(可視化)することで初めて共有・共感を促進することが可能になります。考え方や価値観が見えない(無形の)ままでは、社員がその考え方や価値観に常に触れることが出来ないだけでなく、振り返る事も、立ち返る事も出来ません。

 

【伝達・意思疎通】 共通理解の醸成

 

次に、伝達/意思疎通は、共通理解を醸成するために必要なことです。一つの伝達事項があってもその意図が明確なものでないと、社員に対して間違った認識を与えてしまうこともあります。相手に意図を伝えるには、必ず発信する側がその意義や重要性を理解した上で、意思疎通を図らなければなりません。

 

【仕組み化】 浸透定着の促進

 

仕組み化は、すべてのステークホルダーへ考え方や価値観を浸透、定着させるために必要なことです。考え方を言語化して伝えても、それが広がらなければ意味がありません。社員一人ひとりがいつでも価値観を共有でき、常にそのメッセージに触れられる機会を設けることも重要です。

「株式会社アクティブアンドカンパニー」 会社概要

所在地:〒102-0074 東京都 千代田区九段南3-8-11 飛栄九段ビル5階
TEL:0362319505
URL:http://www.aand.co.jp/

5人がフォローしています。