新着コンテンツ

トラブル解決Q&A 2020/05/28
Q 今般の改正による新たな賃金請求権の消滅時効期間や付加金の請求期間は、賃金支払期日や労基法第114条に規定する「違反があった時」が施行日前であった場合には適用されないのか(2020年4月施行 賃金請求権の消滅時効の見直し関係)
トラブル解決Q&A 2020/05/28
Q 今般の改正による新たな付加金の請求期間の適用について、改正法の施行日以後に違反があった時に該当するかは、具体的にどのように判断するのか(2020年4月施行 付加金の請求期間の延長関係)
トラブル解決Q&A 2020/05/28
Q 改正法の施行日以後、労基法第114条に規定する付加金の請求期間は何年となるのか(2020年4月施行 付加金の請求期間の延長関係)
トラブル解決Q&A 2020/05/28
Q 付加金制度の対象となる違反とは何か(2020年4月施行 付加金の請求期間の延長関係)
トラブル解決Q&A 2020/05/28
Q 記録の保存期間の起算日の明確化の具体的な内容はどのようなものか。また、保存期間の起算日の明確化の対象となる記録は何か(2020年4月施行 記録の保存期間の延長等関係)
トラブル解決Q&A 2020/05/28
Q 労基法第109条に規定する記録以外で、保存期間が延長されるものは何か(2020年4月施行 記録の保存期間の延長等関係)
トラブル解決Q&A 2020/05/28
Q 労基法第109条の対象となる記録は具体的にどのようなものか。また、当該記録の保存期間は何年となるのか(2020年4月施行 記録の保存期間の延長等関係)
トラブル解決Q&A 2020/05/28
Q 今般の改正による新しい消滅時効期間は、いつの時点の賃金請求権に適用されるのか(2020年4月施行 賃金請求権の消滅時効の見直し関係)
トラブル解決Q&A 2020/05/28
Q 改正法の施行日以後、労基法第115条に規定する賃金請求権の消滅時効期間は何年となるのか(2020年4月施行 賃金請求権の消滅時効の見直し関係)
トラブル解決Q&A 2020/05/28
Q 労基法第115条の規定の対象となる債権は何か。また、今般の改正により消滅時効期間が延長される債権は何か(2020年4月施行 賃金請求権の消滅時効の見直し関係)
トラブル解決Q&A 2020/05/28
Q 賃金請求権の消滅時効の起算点について、現行の取扱いから変更はあるのか(2020年4月施行 賃金請求権の消滅時効の見直し関係)
トラブル解決Q&A 2020/04/30
Q コアタイムの無いフレックスタイム制度が適用される労働者の場合は、労働者自身が始業時刻や終業時刻を決めることができ、始業時刻から連続し、又は終業時刻まで連続する時間に介護等を行うニーズに柔軟に対応することが可能であるため、時間単位の看護・介護休暇の対象としなくてよいか(2021年1月施行 子の看護休暇・介護休暇の時間単位での取得関係)
トラブル解決Q&A 2020/04/30
Q 時間単位で看護・介護休暇を取得することができない労働者を労使協定で定めるに当たり、交代制勤務による業務のうち夜勤の時間帯に行われる業務のみを「業務の性質や実施体制に照らし1日未満の単位で休暇を取得することが困難と認められる業務」とすることは可能か(2021年1月施行 子の看護休暇・介護休暇の時間単位での取得関係)
トラブル解決Q&A 2020/04/30
Q 半日単位で看護・介護休暇を取得することができない労働者を労使協定で定めている場合に、改正後の規定に従って時間単位で看護・介護休暇を取得することができない労働者を定めるために、改めて労使協定を締結する必要があるか(2021年1月施行 子の看護休暇・介護休暇の時間単位での取得関係)
トラブル解決Q&A 2020/04/30
Q 1日の所定労働時間が4時間以下の労働者については、現在は半日単位での看護・介護休暇の取得ができないこととされているが、改正後には時間単位での看護・介護休暇の取得ができることとなるのか。また、それらの労働者についても、「業務の性質や実施体制に照らし1日未満の単位で休暇を取得することが困難と認められる業務に従事する労働者」として労使協定において定めた場合には、事業主は、時間単位の看護・介護休暇の取得の申出を拒むことができるのか(2021年1月施行 子の看護休暇・介護休暇の時間単位での取得関係)

概要

作成者・発表機関

作成年月