解説

令和3年1月1日施行 改正育児・介護休業法施行規則および改正指針の概要

 令和元年12月27日に「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律施行規則」の改正省令および「子の養育又は家族の介護を行い、又は行うこととなる労働者の職業生活と家庭生活との両立が図られるようにするために事業主が講ずべき措置に関する指針」の改正告示が公布され、令和3年1月1日からは、育児や介護を行う労働者が子の看護休暇や介護休暇を時間単位で取得することができるようになる。ここでは、当該改正省令および改正指針の概要について解説を行う。

「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律施行規則の一部を改正する省令」(令元.12.27 厚労令89)「子の養育又は家族の介護を行い、又は行うこととなる労働者の職業生活と家庭生活との両立が図られるようにするために事業主が講ずべき措置に関する指針の一部を改正する件」(令元.12.27 厚労告207)

佐々木寛奈 社会保険労務士(社会保険労務士法人みらいコンサルティング)

1. 改正前の子の看護休暇および介護休暇

 子の看護休暇とは、負傷し、または疾病にかかった、小学校...

図表 看護・介護休暇を時間単位で取得する場合の時間の考え方

ここから先は、「労働法ナビ」会員、「労政時報」会員の方に限定して公開しています。

・「労働法ナビ」利用申し込みはこちらから
・「労政時報」の購読申し込みはこちらから
それぞれ行えます。