jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第124回 勝部一夫
    遠距離介護のいろいろ

    「介護問題」から派生する最大の問題が、「介護離職」による優秀な人材の散逸にあることは論を待たず、これを避けるために多くの企業は、介護にかかわる諸施策の充実に心血を注いでいる。しかし、こうした取り組みにもかかわらず、依然として介護を理由にした離職が劇的に減ったということにはなっていない。介護離職に至る理由はもろもろ存在することも事実だが、企業の施策はいまだ「仏を作って魂が入っていない」状況なのだろうか?

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第122回 各務晶久
    人口減少時代の人事マネジメント

    現在、日本は未曽有の人口減少を迎えている。これほど深刻かつ急激に人口が減る国はなく、参考にできる先進国はない。つまり、わが国がこれから取り組む人事マネジメントこそ、諸外国から注目される先端領域となる。
    このような人口減少時代、人事マネジメントには大きく分けて三つの課題が生じることになる。第1に労働力の絶対数を確保すること、第2に多様な人材が同居することに伴う価値対立の解消、第3に労働生産性の向上である。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第121回 伊庭正康
    オフ・コミュニケーションのススメ
    ―できる上司はスキマ時間を有効活用する

    今、職場における関係性が希薄になっているという声は多い。私は三つの要因があると考えている。一つ目は、時間の制約。「働き方改革の一環で残業抑制の影響から、雑談をする余裕がなくなった」というもの。二つ目は、ワークスタイルの変化。そして、三つ目が"部下への遠慮"である。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第120回 永禮弘之
    社員の創造的学習がイノベーションのカギ

    本稿では、組織学習の企業業績への影響を示した上で、中長期的な企業業績に影響を与える継続的イノベーション(本稿では、イノベーションは「技術革新」ではなく「価値創造」を指す)への組織学習の効用を、筆者も関わったATDジャパンのリーダーシップ開発委員会の調査結果を基に明らかにする。その上で、「継続的イノベーションを促す組織学習には、どのような要件が求められるのか」について、拙著からそのエッセンスを紹介したい。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第119回 下園壮太
    疲労という視点で人を見る

    人事には、温かい人事と冷たい人事がある、と聞いたことがある。人事は人生を左右することもある。だから、一人ひとりの人生を思いながら作業を行う、これが温かい人事。一方で、人事は通常、少人数で膨大な作業を行わなければならない。期限は厳しく切られ、間違いは許されない。しかも、組織からの要求もあり、一人ひとりの事情や希望を聞いていられない場合がある。そんな時は、人情を排除して、事務仕事としてこなさなければならない。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第118回 高山 正
    失敗を奨励する
    ――イノベーションを起こすための意外な方法とは!?

    平成29年度版労働経済白書によると、イノベーションの実現と労働生産性の間には正の相関関係があるという。企業が生産性を上げ、真の働き方改革を実現するには、イノベーションが欠かせないということだ。では、イノベーションを実現するために、人事は一体何をすればいいのだろう。

    続きを読む

  • 働き方改革に対する人事制度の設計方法
  • jin-jourドアノックツール
  • eラーニング
「WEB労政時報」体験版 労政時報セミナー

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品