jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第149回 稲葉 振一郎 
    「AIが仕事を奪う論」は新しい問題なのか

    いわゆる「第三次人工知能ブーム」の中、「人工知能(AI)の急速な発展が私たちの労働社会や雇用に何をもたらすか?」という問いが、労働問題や人事労務に関心のある人々の間でも関心をひきつけつつあるようだ。この問いを真面目に考えたければ、現在脚光を浴びつつある「人工知能」の技術が果たしてどのようなものかを知るだけではなく、これまで私たちが「新技術の導入と雇用・労働」について考えてきたことの蓄積を改めて振り返ることも必要だろう。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第148回 上田 由佳子 
    接待の極意 ~接待成功へ導くもの~

    さまざまなサイトや情報誌でビジネス接待の必要性が問われている。ネットでも「接待、面倒くさい」や「悪い慣習」などの書き込みが見られる。2016年にはある大手企業の社員90人が過剰接待を受け、懲戒処分となった。その企業では以前から接待を受けることを禁止していた。
    ビジネス接待の必要性について論議するつもりはないが、少なくとも接待というものの本質を理解しているかどうかが問題ではないだろうか。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第147回 治部れんげ 
    人事がちゃんと知っておきたい、
    世界の「ジェンダー論」の現在地点

    グローバルな経済成長に関する議論の中で「ジェンダー」という言葉を見る機会が増えています。例えば、多くの企業が関心を寄せるSDGs。2015年の国連サミットで採択されたSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称で、17ある目標のうち5番目が「ジェンダー平等を実現しよう」です。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第146回 遠藤裕基 
    「終身雇用難民」の発生と高まるリカレント教育の必要性

    本稿の結論は、「年功賃金が弱まり、終身雇用の揺らぎが大きくなる中で、今後スキルを伸ばせない労働者の一部は、不安定な雇用に陥る(「終身雇用難民」となる)恐れがある。そのため、労働者は継続的な学び直しを通じてスキルの向上に努める必要がある。一方で人事担当者側も、こうした変化を前提として、高いスキルを持つ労働者を確保するために柔軟な働き方を提供することが求められる」というものである。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第145回 矢島大輔 
    RPAが人事業務を革新する

    Robotic Process Automation(RPA)とは、これまで人が行ってきた事務作業をロボット(ソフトウェア)を使って自動化する仕組みのことで、働き方改革を実現するための実践的なテクノロジーとして経営層に注目され、ここ数年で多くの企業がRPAを導入・活用し始めている。そこで今回は、今後RPAの活用を視野に入れている人事部門の読者にRPAを正しく理解していただけるよう、最新動向に触れながら、導入・運用ポイントを中心に説明する。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第144回 武田佳奈 
    人材不足時代に求められるのは、

    「フルキャリ」を戦力にできるマネジャー

    女性の就業環境の整備を積極的に進めてきた多くの企業において、働きながら結婚、出産といったライフイベントを次々と経験していく女性社員(とりわけ、いわゆる総合職の女性)は、珍しい存在ではなくなってきたのではないだろうか。しかし、子育てをしながら働く女性の部下を持ったことのある管理職はいまだ少数派である。

    続きを読む

  • 人生100年時代の生き方を考える
  • 労務行政オンデマンド
  • eラーニング
「WEB労政時報」体験版 労政時報セミナー

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品