• ビジネスパーソン

    Point of view

    第97回 永瀬伸子
    大学生の奨学金負担をめぐる問題から浮かぶ社会的課題

    私が大学生の奨学金問題に深い関心を持つようになったきっかけは、都内の優良私立大学から院に入学した学生と話したことである。ドクター進学について相談されたので、経済的にどうかを聞くと、ドクターまで進むと1000万円ほど、日本学生支援機構に借金することになります、と彼女がさらりと言ったのである。私は打ちのめされるほど驚いた。とても返せる金額には思えなかったからである。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第96回 沢渡 あまね
    ほんとうの働き方改革を支える「言える化」と「見える化」

    働き方改革。政府や企業トップが繰り返せば繰り返すほど、現場の空気はなんだか重苦しくなる。無理もない。仕事は減らない、人は増やしてもらえない。なのに、労働時間は減らせと言われる。結局、個人の気合と根性でなんとかせい。そんな働き方改革が、うまくいくはずがない。では、どうしたらよいか?
    鍵は、「言える化」と「見える化」にある。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第95回 松崎一葉
    未成熟な時代の職場のメンタルヘルス

    最近、こんなことがよく起こる。「[診断名:うつ病]うつ病の原因は職場のストレスであるため、復職のためには職場異動が必須である」 主治医は、現場を見てもいないのに、なぜ本人の申し立てだけで職場異動が必須と書けるのだろうか? もちろん、職場に常態的な過重労働があったり、ひどいパワハラがあったりしたらそれらを是正する必要がある。むしろそれが産業医の役割である。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第94回 森本英樹
    人事担当者に知ってほしい、産業医との上手な付き合い方

    人事労務担当者が、産業医との上手な付き合い方や連携に苦慮する場合の大半は、産業医に求める機能が不明瞭もしくは適切でないために起こっているように感じる。そこで本稿では、産業保健部門で必要とされる機能を分類した上で、上記のような苦慮を解消するためには、人事労務担当者と産業医とでいかにその機能を分担・連携したらよいか、話を進めたい。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view  第93回 山本 寛
    働き方改革のもう一つの道
    ――働きがいのある組織をつくるには

    現在、わが国では、「働き方改革」に関するさまざまな話題が耳目を集めている。働き方改革では、長時間労働是正、正規社員と非正規社員の格差是正、転職が不利にならない柔軟な労働市場や企業慣行の確立等を柱とする多くの施策によって、労働生産性を向上させることが目標となっている。近年これほど、人のマネジメントに関することに世間の注目が集まったことは少なく、リーマンショック後の派遣切りが話題になったとき以来ではないだろうか。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view  第92回 菊地加奈子
    キャリア女性が出産を機に仕事を辞める本当の理由
    ~企業におけるこれからの女性活躍推進~

    育休取得や時短勤務が徐々に浸透しつつある一方で、いわゆる「マミートラック」にはまる女性の問題が取り上げられ続けてきた。仕事と育児の両立が思った以上に大変である上に、仕事面ではこれまで積み上げてきたキャリアを生かすことができず、職場からも必要とされていないように感じ、モチベーションがどんどん低下してしまう…そうした理由で離職する女性が少なくないのは事実だ。

    続きを読む

1 2 3 4 5 6
  • 採用適性検査はTAP 日本文化科学社
  • 方針管理プログラム ストリーム経営コンサルティング株式会社
  • 労務行政研究所facebook
「WEB労政時報」体験版 労政時報セミナー

ログイン

  • ログイン

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品