jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第147回 治部れんげ 
    人事がちゃんと知っておきたい、
    世界の「ジェンダー論」の現在地点

    グローバルな経済成長に関する議論の中で「ジェンダー」という言葉を見る機会が増えています。例えば、多くの企業が関心を寄せるSDGs。2015年の国連サミットで採択されたSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称で、17ある目標のうち5番目が「ジェンダー平等を実現しよう」です。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第146回 遠藤裕基 
    「終身雇用難民」の発生と高まるリカレント教育の必要性

    本稿の結論は、「年功賃金が弱まり、終身雇用の揺らぎが大きくなる中で、今後スキルを伸ばせない労働者の一部は、不安定な雇用に陥る(「終身雇用難民」となる)恐れがある。そのため、労働者は継続的な学び直しを通じてスキルの向上に努める必要がある。一方で人事担当者側も、こうした変化を前提として、高いスキルを持つ労働者を確保するために柔軟な働き方を提供することが求められる」というものである。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第145回 矢島大輔 
    RPAが人事業務を革新する

    Robotic Process Automation(RPA)とは、これまで人が行ってきた事務作業をロボット(ソフトウェア)を使って自動化する仕組みのことで、働き方改革を実現するための実践的なテクノロジーとして経営層に注目され、ここ数年で多くの企業がRPAを導入・活用し始めている。そこで今回は、今後RPAの活用を視野に入れている人事部門の読者にRPAを正しく理解していただけるよう、最新動向に触れながら、導入・運用ポイントを中心に説明する。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第144回 武田佳奈 
    人材不足時代に求められるのは、

    「フルキャリ」を戦力にできるマネジャー

    女性の就業環境の整備を積極的に進めてきた多くの企業において、働きながら結婚、出産といったライフイベントを次々と経験していく女性社員(とりわけ、いわゆる総合職の女性)は、珍しい存在ではなくなってきたのではないだろうか。しかし、子育てをしながら働く女性の部下を持ったことのある管理職はいまだ少数派である。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第143回 林 光緒 
    睡眠不足大国ニッポン ~その問題と課題~

    経済協力開発機構(OECD)が2019年7月に発表した報告では、日本人の睡眠時間は断トツに短く、平均7時間22分であった。第2位の韓国の7時間51分と比べても30分近く短く、OECD加盟33カ国の平均睡眠時間である8時間27分よりも1時間短い。24カ国の大学生の睡眠時間を調べた調査においても、日本人大学生は6時間8分と断トツに睡眠時間が短く、第2位の台湾人大学生よりも25分短かった。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第142回 飛田正之 
    キャリアのダイバーシティ

    人材育成で重要なのは、いかに仕事経験を組み、キャリアを形成させるかである。それはキャリアにより技能が形成され、その技能が企業の競争力につながるからである。企業によりキャリアの形成の方式が異なれば、もたらす効果、ひいては企業の競争力に差が生じよう。また、これまでのキャリア形成の方式に変化が生じれば、これまでとは異なる知識、技能を持つ人材が育成されることになる。

    続きを読む

  • 労働法ナビ
  • 労務行政オンデマンド
  • eラーニング
「WEB労政時報」体験版 労政時報セミナー

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品