• ビジネスパーソン

    Point of view

    第108回 岩本友規
    なぜ知性発達科学者の講演に組織人事コンサルタントが集まるのか

    去る3月初旬、ある人事関連のセミナーが行われた。内容は主に「成人発達理論」と、その組織開発への応用についてだ。1月末に出版された書籍をきっかけに、にわかにバズワードとなった新組織モデル「ティール組織」のベースにもなっている「成人発達理論」。この分野の研究を重ねている知性発達科学者の加藤洋平氏が、成人発達理論を組織開発や人材開発へ実践的に活用する可能性をひもとく、という触れ込みであった。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第107回 石澤哲郎
    メンタルヘルス不調者の職場復帰支援について

    職場復帰支援とは「休職者を復職させる際に、しばらくの間は出社してもらうだけの期間をつくったり、一時的に業務負荷を軽減したりすることで、復職をスムーズにする段階的職場復帰手法」のことであり、近年メンタルヘルス不調者のスムーズな復職を目的として導入する企業が増えている。就業規則などで制度化する企業も少なくないが、本稿ではこの制度を導入するメリットや注意点について説明したい。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第106回 清水 群
    人材育成に必要なロマンとソロバン

    よく経営において「ロマン」と「ソロバン」という言葉が使われる。働く目的や経営理念だけではなく、それを実現するための財務基盤も整っているかどうかということであるが、人材育成においても、この一見相いれないと思われるような要素が重要である。何事も一つのことに集中しすぎると他方のことが疎かになりがちであるため、本コラムでは両方についてお話ししたい。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第105回 小原 新
    部下にとって上司は最大の職場環境

    私が40年以上人事関係に関わって大事にしてきた言葉は「部下にとって上司は最大の職場環境」という言葉です。ひと昔前まではこれで表現できましたが、今では不十分です。IT化が進み、要員も減り、上司が100%近くプレーしながらマネジメントする今日、部下の指導育成が片手間にしかできない等の状況があるからです。そこで私は今、経営者の皆さまに「上司の応援団になる必要がある」と働きかけています。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第104回 大野萌子
    管理職必見! 思わぬ相談をされる前に必要な気配りとは

    「辞めます」という直接的な申し出でなくとも、「何を突然?」というような思わぬ相談を受け、困惑するケースは後を絶たない。
    日ごろから、人材管理はコミュニケーションが大切と意識しつつも、具体的にどうしたらよいか分からず、何となく今までどおりに接していたら、思いもかけない一言が部下から発せられて面を食らう――なんてことはよくある話だ。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第103回 釘原直樹
    組織の中の集団心理 -効率よりも中庸を-

    効率や利益も、いわゆる「正しいこと」である。そのために、改革開放、規制緩和が声高に叫ばれ、成果主義が大学でも採用されている。特に大学では、若手の採用時に論文の数や英文業績が重視される。科学研究費の獲得にも論文の数が少なからず影響する。最近はこの風潮が極端になり、これがデータの捏造(ねつぞう)や剽窃(ひょうせつ)につながっていると筆者は考えている。

    続きを読む

1 2 3 4 5 6
  • 労務行政研究所facebook
  • 「労働法ナビ」
  • ポジティブオフ事例集
「WEB労政時報」体験版 労政時報セミナー

ログイン

  • ログイン

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品