jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第164回 近藤明美 
    がんと共に働く従業員を会社はどうサポートする?

    がん患者さんからの相談で多いのは、「復職直後は休職前と同じように働けないことを、会社にどう伝え、話し合っていけばいいのかが不安」というものだ。また、フルタイム勤務での復職しか認めない、在宅勤務はさせられないと言われて、休職期間を延長したり、退職せざるを得なかったりする人もいる。人事の方々には、「どうしたら働けるか、どのように貢献してもらうか」を一緒に考える両立支援のキーパーソン的役割を担ってほしい。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第163回 柳原愛史 
    コロナの時代、人事と人事能力はどうあるべきか

    新型コロナウイルスの流行が、世界最大の公衆衛生上の緊急事態となっている。組織にいる私たち個人も苦境に立ち、強い恐怖で頭の中はいっぱいになっているが、これまでとは異なった思考と行動をしていく時空を確保しなくてはいけないのだ。そう考えると、人事部門、担当者が以前から各方面より希求されていたことを果敢に実行し、組織変革や人材成長の目的を完遂するための千載一遇のチャンスと捉えるべきだ。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第162回 荒井弘和 
    体育会系社員を開花させる秘策とは

    筆者が所属する法政大学は、「大学スポーツアドミニストレーター主導による体育会学生のキャリア形成支援体制の構築」というスポーツ庁の事業を行った。この事業では、体育会系の学生が自分らしいキャリアを選択し、自分が望むような「競技生活とそれ以外の生活のバランス(スポーツ・ライフ・バランス)」を実現できるよう支援することを目指した。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第161回 本田一成 
    新型コロナウイルスに嗤われないための人事対策を探せ

    新型コロナウイルスによって、労働現場はいわば「逆回転」の辛酸をなめさせられている。働き方を改革して長時間労働を是正するはずだったのに、いまや短時間労働を成立させる方法を考えさせられている。足りないアルバイトの充足手段を必死で探していたのに、殺到する応募者を追い返したり解雇したりしている。労働者性を引き剥がそうとしていたフリーランスはやっぱり労働者なのだと逆戻りしてきた。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第160回 林 哲也 
    感染症によるパンデミックを想定した企業のメンタルヘルスケア

    21世紀はウイルスの時代という予言が、新型コロナウイルスの出現により現実の危機となった。この危機の到来を想定していた企業は皆無であり、大きな打撃により所属員も含め企業全体がメンタル不全に陥ったといえよう。
    今後も起こり得る感染症のパンデミック(世界的大流行)を乗り越えるため、企業が行うべきメンタルヘルスケアについてまとめてみたい。

    続きを読む

  • ビジネスパーソン

    Point of view

    第159回 後藤功太 
    新型コロナウイルス禍であらためて見直すべき新人教育と関わり方

    新型コロナウイルス感染拡大の影響は、既に全世界で広まり、企業でも新入社員に限らず多くの方が不安を感じている状況かと思う。その中で、教える立場である先輩・上司にとってもこれまで経験したことがない事態のため、おそらく「絶対的な正解」はなく、誰もが探りながら進めていくしかない。ただ、一ついえることは、新型コロナウイルスによって、これまでの関わり方を大きく変更する点と、これまでと変わらない点がはっきりするということだ。

    続きを読む

  • 労務行政オンデマンド録画セミナー
  • イブニングセッション
  • eラーニング
「WEB労政時報」体験版 労政時報セミナー

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品