• 採用・退職

    採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント

    2017年8月 (寺澤康介)

    今回は、6月19~26日に楽天「みん就」会員を対象に実施した「2018年新卒就職活動動向調査」の結果をもとに、学生側の状況を過去のデータとも比較しながら見ていきたいと思います。まず、6月末時点での内定社数を文系について見ると、未内定学生は「旧帝大クラス」と「早慶クラス」でわずか9%、「中堅私大クラス」「その他私立大学」でも22%と、その差は最大でも13ポイントしかありません。

    続きを読む

  • 採用・退職

    採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント

    2017年7月 (寺澤康介)

    7月6日に、株式会社ディスコが発表した「7月1日時点の就職活動調査〈速報〉」によると、7月1日時点の内定率は83.2%となり、同社調査で7月の内定率が8割を超えたのは、2009年卒者(2008年7月1日時点)の82.6%以来、9年ぶりとのことです。今回は、HR総研が6月21日~28日に実施した「2018年新卒採用動向調査」と、6月19日~26日に楽天「みんなの就職活動日記」会員を対象に実施した「2018年新卒就職活動動向調査」の結果から、現在の状況をご案内します。

    続きを読む

  • 採用・退職

    採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント

    2017年6月 (寺澤康介)

    6月1日、いよいよ経団連の指針による面接選考が解禁されました。大手企業では5月までに実質的な面接が水面下で進められ、この日は確認面接だけが行われ、即日内々定を手にした学生も少なくなかったようです。依然として、カタチだけの解禁日が今年も各地で繰り広げられたといえます。
    同じ6月1日、次の世代に向けた就職ナビが一斉にオープンしました。正式なオープンは来年3月1日となりますので、この時期はプレオープンと呼ばれ、そのメイン情報は、何と言ってもインターンシップ募集情報です。

    続きを読む

  • 採用・退職

    採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント

    2017年5月 (寺澤康介)

    4月に新卒採用に関して二つの重要な発表がありました。一つは、4月10日に経団連から発表された「採用選考に関する指針」の手引きの改定について、そしてもう一つは4月26日にリクルートワークス研究所から発表された「第34回 ワークス大卒求人倍率調査(2018年卒)」です。今回はこの二つのトピックスについて概観するとともに、HR総研「2018年就職活動動向調査」から2018年卒向けインターンシップの実情を振り返って紹介したいと思います。

    続きを読む

  • 採用・退職

    採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント

    2017年4月 (寺澤康介)

    今回は、3月21~29日にHR総研が楽天「みんなの就職活動日記」会員向けに実施した「2018年就職活動動向調査」の結果を紹介します。
    まず就職活動についてどう思っているかを聞いたところ、文系と理系での差はほとんどなく、「楽観・やや楽観」と回答した学生は3割程度にとどまり、「とても不安・やや不安」と回答した学生が6割近くにもなっています。企業の人材不足感が解消することはなく、学生の売り手市場が続いていることは、先輩の話やマスコミ報道等で感じているにも関わらずです。

    続きを読む

  • 採用・退職

    採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント

    2017年3月 (寺澤康介)

    3月1日、ついに2018年新卒採用の採用広報が正式に解禁となりました。かつて採用広報解禁が12月1日だった時代には、大学の授業期間であったこともあり、就職ナビによる合同企業説明会等のイベントは、大学側より土日開催の要請を受けていましたが、春季休暇中の解禁に変わったことで、曜日に関係なく解禁初日からの開催が可能となっています。リクナビが主催した幕張メッセでの巨大イベントをはじめ、大学内での学内合同企業説明会を含め、全国各地で一斉に説明会が開催されました。

    続きを読む

1 2 3 4 5 6
  • 採用適性検査はTAP 日本文化科学社
  • 方針管理プログラム ストリーム経営コンサルティング株式会社
  • 労務行政研究所facebook
「WEB労政時報」体験版 労政時報セミナー

ログイン

  • ログイン

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品