• 採用・退職

    採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント

    2017年12月 (寺澤康介)

    経団連が11月27日に発表した「2017年度 新卒採用に関するアンケート調査結果」の中に、いくつか興味深い結果がありましたので、まずはそちらを紹介したいと思います。最も興味深かったのは、中長期的な「指針」のあり方についての結果です。2017年度の調査では、「指針自体は残すが、広報活動や選考活動の開始時期の規定は削除すべき」が42.1%でトップ、次いで「選考開始時期等を含めた現行の指針の内容を維持していくべき」が26.9%、「指針を廃止し、自由な採用活動を認めるべき」が9.0%となっています。

    続きを読む

  • 採用・退職

    採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント

    2017年11月 (寺澤康介)

    前回は、「採用ホームページ」と「セミナー・会社説明会」について、就活学生から評判が良かった会社を見てみましたが、今回は「人」の観点から、「リクルーター・社員」「面接官」で印象の良かった企業とその理由を見ていきたいと思います。学生は、1人につき1~2社しか回答できませんので、社名が挙がった会社は特に好印象を与えた会社ということになります。また、調査では逆に印象が良くなかった企業とその理由も聞いています。ここでは企業名を伏せて紹介しますので、反面教師として参考にしてください。

    続きを読む

  • 採用・退職

    採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント

    2017年10月 (寺澤康介)

    10月2日、多くの企業で2018年入社の内定式が開催されました。2018年卒業予定者を対象とした採用活動をまだ継続されている企業もありますが、内定式を一つの区切りとして、今年企業が学生に向けて展開した採用活動を、学生がどうとらえたのかを振り返ってみたいと思います。
    まず今回は「印象のよかった採用ホームページ」「印象のよかったセミナー・会社説明会」の企業と、その理由を見ていきたいと思います。

    続きを読む

  • 採用・退職

    採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント

    2017年9月 (寺澤康介)

    8月より多くの企業で学生の受け入れが始まったサマーインターンシップ。昨年までは、「1週間」や「2週間」タイプが1Dayタイプを上回っていましたが、今年は経団連指針の手引き改定を受けて、大手企業も含めて1Dayタイプがめじろ押しとなっています。今回は、今や学生のキャリア開発支援としてよりも、企業の新卒採用活動(学生の就職活動)の一環となってしまったインターンシップが、結果としてどの程度採用選考、あるいは内定と結び付いているのかを見ていきたいと思います。

    続きを読む

  • 採用・退職

    採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント

    2017年8月 (寺澤康介)

    今回は、6月19~26日に楽天「みん就」会員を対象に実施した「2018年新卒就職活動動向調査」の結果をもとに、学生側の状況を過去のデータとも比較しながら見ていきたいと思います。まず、6月末時点での内定社数を文系について見ると、未内定学生は「旧帝大クラス」と「早慶クラス」でわずか9%、「中堅私大クラス」「その他私立大学」でも22%と、その差は最大でも13ポイントしかありません。

    続きを読む

  • 採用・退職

    採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント

    2017年7月 (寺澤康介)

    7月6日に、株式会社ディスコが発表した「7月1日時点の就職活動調査〈速報〉」によると、7月1日時点の内定率は83.2%となり、同社調査で7月の内定率が8割を超えたのは、2009年卒者(2008年7月1日時点)の82.6%以来、9年ぶりとのことです。今回は、HR総研が6月21日~28日に実施した「2018年新卒採用動向調査」と、6月19日~26日に楽天「みんなの就職活動日記」会員を対象に実施した「2018年新卒就職活動動向調査」の結果から、現在の状況をご案内します。

    続きを読む

1 2 3 4 5 6
  • 採用適性検査はTAP 日本文化科学社
  • 育成プログラム ストリーム経営コンサルティング株式会社
  • ポジティブオフ事例集
「WEB労政時報」体験版 労政時報セミナー

ログイン

  • ログイン

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品