jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2019.11.08]

BOOK REVIEW『企業内キャリアコンサルティング入門 個人の気づきを促し、組織を変える』

浅川正健 著
浅川キャリア研究所 所長 
四六判/256ページ/定価1600円+税/ダイヤモンド社 


BOOK REVIEW 
人事パーソンへオススメの新刊



 2016年に職業能力開発促進法が改正され、それまでは民間資格であった"キャリアコンサルタント"が国家資格となった。政府は、今後もキャリアコンサルタントの養成を進めていく方針であり、企業領域での注目もますます高まっている。本書は、伊藤忠商事で「キャリアカウンセリング室」の立ち上げに尽力し、キャリアコンサルタントとして豊富な経験を有する著者が、各企業の現場で努力を続けるキャリアコンサルタントや、キャリア相談に関する組織の立ち上げを検討する企業に向け、ノウハウを提供する一冊だ。

 著者は、企業内キャリアコンサルティングを「『働く人がイキイキと仕事に集中できる』ように支援すること」だと定義する。キャリアコンサルタントには、働く人が感じる困難に関して"気づき"を与え、その先の組織課題の解決につなげることが期待される。その際の具体的ケースに即した事例を、第3章「企業内キャリアコンサルティングの実践スキル」でまとめている。一方で、特に人事担当者や経営者の興味を引くのは、第4章「キャリア相談室立ち上げを考える企業へのアドバイス」だろう。ここでは、①組織立ち上げ前、②組織立ち上げの初期、③組織の運用法、④具体的な相談、⑤中小企業での場合――という五つの観点で、キャリア相談室の立ち上げから運用までのノウハウをQ&A形式で解説していく。

 第5章では、中外製薬と佐々木化学薬品の導入事例が紹介されており、具体的な運用・活用の方法、効果、メリットなどを知ることができる。会社の業容が小さい等の理由で、「キャリアコンサルティングを導入する余地はない」と考える経営者や人事担当者は多いが、うまく活用すれば働く人のモチベーションを向上し、組織の活性化にも資するものになる。本書を参考に、自社での導入を検討してはいかがだろうか。

 



企業内キャリアコンサルティング入門 個人の気づきを促し、組織を変える

内容紹介

産業界でいちはやく企業内キャリアコンサルティングの重要性を理解し、2002年に伊藤忠商事でキャリアカウンセリング室を新設、20年の現場経験を持つ第一人者が、そのノウハウを初公開。キャリアコンサルティングの6つの機能とは? 職場で社員が力を発揮するには? 会社からの理解を得るには?具体的な対話技法や向き合い方のコツは? 導入企業はどう実践している? 「働き方改革」などこれからの課題は? 今後ますますニーズの増えていく企業内キャリアコンサルティングの機能を説くだけでなく、組織運営の望ましいあり方、社員との関わり方など、経験に裏付けられた実践的なスキルやノウハウを明らかにする。

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品