jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2019.08.09]

BOOK REVIEW『フルキャリマネジメント 子育てしながら働く部下を持つマネジャーの心得』

武田佳奈 著
野村総合研究所 未来創発センター 上級コンサルタント 
四六判/208ページ/1600円+税/東洋経済新報社 


BOOK REVIEW 
人事パーソンへオススメの新刊



 企業で働く女性は、キャリア重視で仕事に邁進する「バリキャリ」か、生活を優先して働く「ゆるキャリ」のどちらかで捉えられてきた。しかし、どちらか一方を優先するのではなく、どちらも可能な限り頑張り、充実させたいと考える女性が増えてきたと著者は指摘する。そうした働き手のことを著者は"フルキャリ"と定義。本書ではその実態に迫るとともに、彼女らの活躍を最大限に引き出すマネジメントのノウハウを提供する。

 本書前半では、男性管理職と働く女性の双方に対して実施したアンケートの結果を踏まえ、それぞれが感じている悩みや双方の認識のギャップを浮き彫りにする。さらに、フルキャリへのヒアリングを通じて見えてきた本音も紹介し、彼女たちが何を望んでいるのかを整理していく。そうした実態を踏まえ、本書後半では、フルキャリの成長を支援するマネジメントの鍵として「期待」「共有」「機会付与」の三つを挙げ、実践的なノウハウを解説。これらを踏まえて、フルキャリのパフォーマンス最大化に向けた「ワークライフ&グロースバランス」実現への環境整備とマネジメントの在り方を提案する。

 著者自身、仕事と子育てを両立させながら働いてきた"フルキャリ"の一人であり、両立が困難だと感じた時にはマネジャーからの期待が支えになったと著者は振り返る。子育てをしながら働く社員が増加する中、フルキャリとして頑張りたい社員は自社内にも既にいるかもしれない。そうした社員の成長を支援し、パフォーマンスを発揮してもらうためにマネジャー/企業として何ができるのか――行動のヒントが本書から得られるはずだ。

 



フルキャリマネジメント 子育てしながら働く部下を持つマネジャーの心得

内容紹介

「フルキャリ」とは……暮らしにも子育てにも、仕事にもキャリアにも、意欲的に取り組みたいと考える働き手の総称。キャリア重視の「バリキャリ」でも、私生活重視の「ゆるキャリ」でもない新しい価値観や思考・行動特性を持つ働き手として、野村総合研究所が提唱。野村総合研究所が実施したアンケート調査から見えてきた “フルキャリ”の「仕事」「働き方」「生活」に関する実態、価値観、思考、行動特性を紹介。なぜ、管理職の多くが女性の部下の育成に自信が持てないのか? なぜ、女性の部下のマネジメントが難しいのか? 組織マネジメントの成功例や企業が取り組む実例も数多く紹介。女性の活躍を最大限に引き出したい、現場のリーダーや人事担当者のための実践的教科書。

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品