jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

労働基準法の基礎知識
第6章 賃金のとらえ方と基本ルール
[2019.04.01]

賃金からの控除と賃金カット


賃金からの控除

 賃金は、「全額払いの原則」により、一部を控除して支払うことができないことは「賃金支払いの5原則」で触れたとおりです。しかし、法令に別段の定めがある場合や労使協定で定められている場合には、賃金の一部を控除して支払うことができます。
 法令には、給与所得に対して所得税などの源泉徴収を認める所得税法や保険料の控除を認める健康保険法、厚生年金保険法、労働保険徴収法などがあります。
 労使協定で定める場合は、控除の対象となる具体的な項目や控除を行う賃金支払日について記載しておきます。
 この控除額については、控除される金額が賃金の一部である限り基本的にその額についての限度はありませんが、民法や民事執行法の規定により、一賃金支払期の賃金額の4分の3に相当する部分(その額が33万円を超えるときは33万円)については使用者側から相殺することはできない(つまり、労働者の同意なしには不可)とされていますので、注意が必要です(退職金については、その退職金額の4分の3に相当する部分が、相殺できない部分です)。

賃金カット

 減給の制裁をするには、あらかじめ就業規則で明文化しておく必要があります。ただし、遅刻・早退をした分の賃金を差し引くことは、「ノーワーク・ノーペイの原則」から、この制裁には含まれません。
 1つの事案に対しては、減給の総額が平均賃金の1日分の半額を超えないようにします。減給の事案が数度にわたる場合には、その減給総額が賃金支払期間における賃金総額の10分の1以内でなければなりません。もし、これを超える減給の事案が生じたならば、その超えた部分は次の賃金支払期間において対応する必要があります。
 賞与も賃金であるため、同様の考え方をとりますが、勤務評価によって賞与の額を減額支給することは、その性格上、「減給の制裁」には該当しません。

賃金控除に関する協定書

減給の制裁

この解説は『初任者・職場管理者のための労働基準法の本 第3版』より抜粋しました。労務行政研究所:編 A5判 200頁 1,998円
(URL:https://www.rosei.jp/products/detail.php?item_no=7294
初めて労働基準法を学ぶ方に最適の1冊!
担当者として管理者として知っておくべきポイントに加え、職場で起こりがちな問題は、「実務に役立つQ&A40」で実務に即して解説しています。


労務管理、人事評価、ハラスメント対応など充実のコース!

労務行政eラーニング 詳しくはこちら

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

シリーズ記事

キーワード

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品