[2018.07.13]

BOOK REVIEW『中小企業のための外国人雇用マニュアル』

若松絵里 著
若松絵里社労士・行政書士事務所 代表 
四六判/208ページ/1200円+税/ベストブック 


BOOK REVIEW 
人事パーソンへオススメの新刊



 人手不足感の高まりや事業のグローバル化を背景に、優秀な人材であれば国籍に関係なく雇用したいと考えている企業は少なくない。しかし、今まで外国人を雇い入れたことがない場合、「何からすればよいのか分からない」「煩雑な手続きが必要となるのではないか」と不安に感じる部分も多いだろう。本書は外国人の募集から受け入れまでの流れに沿って、ビザの取得など必ず必要となる手続きを中心に解説する。

 第1章では日本における外国人雇用の現状や、外国人が日本で就労するために必要となるビザや在留資格について整理する。第2章以降では「すでに日本に在留している外国人を採用するケース」と「海外にいる外国人を採用し、日本に呼び寄せるケース」に分けながら、「求人募集」「就労ビザ取得が可能かどうかの事前調査と確認」「雇用契約書の作成と取り交わし」「就労ビザ申請と取得」「受入準備」という入社までの五つのステップと、入社後の労働保険や社会保険の手続きを分かりやすく解説している。

 在留カードの確認ポイントや就労ビザの取得に必要な要件、雇用契約書に盛り込むべき事項、外国人雇用に関する外部機関の連絡先など、事前に知っておきたい知識がコンパクトにまとめられているのが本書の特徴だ。行政書士、社会保険労務士として外国人雇用をサポートしてきた著者のノウハウが詰まった本書は、これから外国人の採用を検討している企業にとってすぐに使える情報源として役立つ一冊である。

 



中小企業のための外国人雇用マニュアル

内容紹介

外国人雇用は、これ1冊でカンペキ!
人手不足の対応策として、更なる増加が見込まれる外国人労働者。数はもとより出身国も様々となり、気質や性格もバラエティーに富んでくる。当然、問題となってくるのが労使間のギャップ。そこで、本書では健全な労使関係を築くために、中小企業主が心得ておくべきことを確認する。雇用主と被雇用者が共にwin-winの関係となるための書。

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

  • ログイン

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品