[2018.06.08]

BOOK REVIEW『中小企業の人材コストは国の助成金で払いなさい』

寺田慎也 著
寺田税理士・社会保険労務士事務所 代表 
新書判/221ページ/800円+税/幻冬舎メディアコンサルティング 


BOOK REVIEW 
人事パーソンへオススメの新刊



 人手不足が深刻化している現在、資金的な余力が相対的に乏しい中小企業は、大企業よりも人材の採用・育成・定着がより困難な状況にある。リクルートワークス研究所「ワークス大卒求人倍率調査」による2019年3月大卒者の求人倍率は、5000人以上の大企業では0.37倍と過去最低を記録した一方、中小企業(300人未満)は過去最高の9.91倍と大きな差が出ている。そこで、中小企業が厳しい環境下でも人材を確保できる手段の一つとして、本書では助成金の活用法を解説している。

 本書は、まず第1章で大企業と中小企業に格差が広がっている現状を概観し、第2章でなぜ中小企業が助成金を活用すべきかを説く。助成金のメリットとともに、助成金制度を利用する際の注意点も併せて述べられている点がポイントだ。続く第3~5章では、キャリアアップ、人材開発、雇用環境完全の助成金を「初級編」、雇用促進関係の助成金を「中級編」、人材定着・育成関係の助成金を「上級編」と位置付け、詳しく説明している。

 最後の第6章ではさらに一歩踏み込み、「助成金をどのように活用するか」を、企業の実例を紹介しながら論じる。中核人材の育成や新事業開発に助成金を充てたケースや、融資を受けて設備投資を行い、助成金の受給要件を満たしたケースなどが、対談形式で示されている。助成金支給を検討しているが、制度の複雑さを前にためらっている経営者や担当者は、まずは分かりやすい本書で心理的な壁を取り払ってはいかがだろうか。

 



中小企業の人材コストは国の助成金で払いなさい

内容紹介

経営者は公的支援をフル活用して業績を向上させよ!税理士・社労士資格を有する経営コンサルタントが豊富な実例をもとにわかりやすく解説。融資とは違い返済や利息がないため、一度にまとまったお金を活用することができる助成金を活用し、人材の獲得から育成、定着を実現する方法を対話形式で指南。すぐに活用できるおススメの助成金から、長期的な目線で計画的に活用していく具体的な方法まで、助成金の「賢い使い方」を分かりやすく紹介します。

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

  • ログイン

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品