[2018.06.08]

BOOK REVIEW『人材採用・人事評価の教科書』

各務晶久 著
特定非営利活動法人人事コンサルタント協会 理事長 
A5判/288ページ/2200円+税/同友館 


BOOK REVIEW 
人事パーソンへオススメの新刊



 厚生労働省の「新規学卒就職者の離職状況」によると、大卒入社者の3年以内離職率は20年にわたりほぼ3割超で推移している。雇用のミスマッチは個々人のキャリア形成を阻害するだけでなく、企業にとっても多大なダメージを与える。その防止のために最も重要なのは、人材を見極めた上で適正な処遇を行うための「採用」「評価」の専門スキル向上であると著者は説く。本書はそうした視点から、基本となる理論と技法、制度運用等の実践までを「教科書」としてまとめたものである。

 冒頭では、「優秀な人材」を見極める基礎となる、個人の特性を判断するための理論と視点を紹介。続く採用のパートでは業務の流れに沿って、採用計画の立案、求める人材像の定義、具体的な面接技法などを解説。加えて、採用業務にまつわる法律のポイントまでカバーしている。人事評価のパートでは、評価制度の基本的な枠組みや目標管理の進め方、人事評価の手法について、アカデミックな研究成果などを数々示しながら解説する。

 新卒採用で売り手市場が続き、転職市場も活発な動きを見せる中、優秀な人材を採用し、社内に引き留めるためには自身の勘や経験に頼るだけではなく、専門的な知識を身につけ、力を伸ばしていく必要があるだろう。本書は著者が知事長を務める特定非営利活動法人人事コンサルタント協会の公式テキストに指定されており、学びの成果を資格取得へのチャレンジで試すこともできる。これから人事のプロを目指す者だけでなく、すでに十分に経験を積んだ実務家にとっても役に立つ一冊となるはずだ。

 



人材採用・人事評価の教科書

内容紹介

採用・評価業務の体系的知識をこれ一冊でマスター。本書は人材の採用、人事評価に必須の業務知識や理論的背景を体系的に学べる書籍です。可能な限りアカデミックな研究成果や研究者が提示する理論的枠組みに触れながら、業務知識を学べるよう構成しています。また近年、人事担当者の中で話題に上ることが増えているアスペルガー症候群やADHDなど発達障害に関しても取り上げるなど、人事・採用領域の学習内容としては先端的内容を含んでおり、人材測定コンサルタント認定講座公式テキスト、人事評価者検定(上級・初級)公式テキストにも指定されています。

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

  • ログイン

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品