[2018.04.13]

BOOK REVIEW『AI時代の雇用・労働と法律実務――クラウドソーシング/HRテック/ライドシェア/テレワーク/働き方改革』

水谷英夫 著
A5判/280ページ/2700円+税/日本加除出版 


BOOK REVIEW 
人事パーソンへオススメの新刊



 IoTやAIの普及によって、労働者の働き方は大きく変わるといわれている。人手不足が深刻な企業にとっては、技術の進展による省力化は朗報だが、労働者にとっては「自分の仕事がAI等に代替されるのでは」という危惧にもつながっている。また、失業の可能性といった大きな問題がフォーカスされる一方、「働き方の変化によって、労働者が働く中で新たにどのような問題が起きるか」を考えたものは、現時点ではほとんどない。そこで本書は、AI時代の到来に合わせた新たな働き方の論点・問題点を展望している。

 本書は、「基礎知識編」と「実践編(Q&A)」に分かれている。「基礎知識編」では、ICT、シェアリングエコノミー、クラウドソーシング、クラウドワーカーなどの用語を説明するとともに、"ICTの進化は雇用を奪うのか""ICTの進化によって新たに現れる働き方はどのようなものか"などの論点に対し、技術の進歩によって歴史上起きてきたことをひもときながら考察を進める。

 続く「実践編(Q&A)」では、クラウドソーシング、HRテック、テレワークといった切り口から、起こり得る問題と法律上の当てはめをQ&A形式で論じている。既存の論点の延長線上で考えられる問題も多い一方、ライドシェアなど現状の法律では整理しきれない問題も浮き彫りになっている。「AIやICTを入れた場合にどのようなトラブルが起こり得るか」という問題をいち早く論じたという点では、本書は人事にとって「来る可能性が高い問題を予習する一冊」として、勉強になるのではないだろうか。

 



AI時代の雇用・労働と法律実務――クラウドソーシング/HRテック/ライドシェア/テレワーク/働き方改革

内容紹介

企業からの相談対応に役立つ情報が満載。AI・ICTの飛躍的進展は私たちの経済・雇用にどのような影響を与えるのか。クラウドソーシング/HRテックの導入による労働条件の変更。テレワークでの新しい働き方や企業への導入と対応。新たな働き方を目指す企業・ワーカーのための入門実践書にして実践活用までのポイントを押さえた実務家必携書!

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

  • ログイン

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品