jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2017.12.14]

非正規雇用労働者待遇改善支援センター

公開日 2017.12.14 深瀬勝範(Fフロンティア 代表取締役・社会保険労務士)

非正規雇用労働者待遇改善支援センター(ひせいきこようろうどうしゃたいぐうかいぜんしえんせんたー)

 働き方改革実現会議が公表した「同一労働同一賃金ガイドライン案」にのっとり、企業における非正規雇用労働者の待遇改善を支援するために、2017年度に各都道府県に設置された労務相談、コンサルティングなどを行うセンター。2016年6月2日に閣議決定された『ニッポン一億総活躍プラン』において「女性や若者などの多様で柔軟な働き方の選択を広げるためには、我が国の労働者の約4割を占める非正規雇用労働者の待遇改善は、待ったなしの重要課題である」とされたことを受けて事業化された「非正規雇用労働者の待遇改善支援事業」の一施策として実施された。
 このセンターは、各都道府県労働局に設定されているが、実際の業務は、各地域の社会保険労務士会や人材ビジネスを展開する民間企業などに委託されている。
 具体的には、次の業務を行う。

(1)労務管理の専門家を常駐させて、電話やメール等により、中小事業者などから寄せられる、賃金制度や就業規則の作り方・見直し方などに関する相談に応じる

(2)労務管理の専門家が直接事業所を訪問した上で、待遇改善に向けた改善計画を策定、提案するコンサルティングなどを無料で行う

(3)各地域で非正規雇用労働者の待遇改善に関するシンポジウムを実施する


管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品