jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

人事パーソン要チェック! 新刊ホンネ書評 [2018.02.20]

[128]『誰が「働き方改革」を邪魔するのか』

(中村東吾 著 光文社新書 2017年9月)

 

 本書によれば、働き方改革による労働力の多様化戦略として打ち出されたのがダイバーシティであるが、それはなかなか浸透してはいないとのことです。著者は、この問題の解決に必要なのは、「頑張りたくても頑張れない人」の活用であるとしています。本書では、なぜ「頑張れない人」が生み出されるのか、その背景にも迫りながら打開策を探り、働く人のこれから生き方を模索しています。

 第1章では、改善どころか悪化している非正規雇用の実態などから、"景気好転"の実感がないまま"取り残された層"は増え続けていると指摘する一方で、"一度頑張れなくなったけれども苦境を乗り越えてきた人たち"を取り上げています。そして、それらを通して「何が頑張りたい人を頑張れなくしているのか」を考察しています。

 第2章では、ダイバーシティ推進を邪魔するものとして、日本社会が長い年月をかけて培ってきた「社会人の一般常識」と、右にならうやり方を骨の髄まで染み込ませるために用意された"罰則"や"恐怖"の縛りから生じる「心に潜む制動力」を取り上げています。企業の変わらない体質と、従業員の心に潜む"恐れ"が、ダイバーシティ推進の見えない壁となっているとのことです。

 第3章では、独自の施策をいち早く打ち出している「ダイバーシティ推進先行企業」もあるが、先駆"社"といえども、その道のりは容易ではないとしています。その上で、そうした企業が、どのような取り組みを行っているのか、ダイバーシティ推進の事例を紹介しています。

 第4章では、従業員の立場から、いかに新しい時代に即した意識を獲得していくかについて述べています。会社が用意した人生のレールの上だけを走るというのがかつての会社人間の生き方だったのが、ダイバーシティの潮流が日本社会に入り込み、企業は従業員を"庇護(ひご)する対象"から"自立体"として対峙(たいじ)しようとしていると。つまり、「自律的社会人」というのが時代の潮流であり、その自分をどう育てるかが、これからの個々の課題となってくるとのことです。

 第5章では、ダイバーシティによって日本が向かう新しい社会の姿を考察しています。そして、個人が働き方を決め、責任を負う社会になっていく上で、他者との違いが否定されない「心理的安全性」が、個性的な働き方を生産性向上につなげる補助要因になるとしています。また、「心理的安全性」は、個々人の心掛けだけでは実現せず、企業の理解と体制づくりが必要だとしています。

 最後の第5章に「自分の生き方をふだんから積み上げておく」「隣の芝生が青いかどうかは問題ではない」とあるように、これからの時代を生き抜くにはどうすればよいか、社会分析や先進事例を織り込みながら、働く人に向けそのヒントを示した〈実証的啓発書〉とでも呼ぶべき内容となっています。一方で、経営者に向けても、その覚悟一つで、悪循環を繰り返すか、そこから抜け出す一手を打つかの違いになるとしています。

 「社会人の一般常識」や「心に潜む制動力」といった問題を扱ったことでやや漠とした展開になったようにも思いますが、第4章で、「自分」をどう育てるかということについて、「エゴイスト」という言葉を用い、「社会がよくなれば、私もよくなる」として、「私が欲する正義」をエゴイスティックに突き詰めることを説いている点が、個人的に興味深く思えました。

<本書籍の書評マップ&評価> 下の画像をクリックすると拡大表示になります

※本記事は人事専門資料誌「労政時報」の購読会員サイト『WEB労政時報』で2017年10月にご紹介したものです。

【本欄 執筆者紹介】
 和田泰明 わだ やすあき

 和田人事企画事務所 人事・賃金コンサルタント、社会保険労務士

1981年 中堅広告代理店に入社(早稲田大学第一文学部卒) 
1987年 同社人事部へ配転
1995年 同社人事部長 
1999年 社会保険労務士試験合格、2000年 行政書士試験合格 
2001年 広告代理店を退職、同社顧問(独立人事コンサルタントに) 
2002年 日本マンパワー認定人事コンサルタント 
2003年 社会保険労務士開業登録(13030300号)「和田人事企画事務所」 
2004年 NPO生涯教育認定キャリア・コンサルタント 
2006年 特定社会保険労務士試験(紛争解決手続代理業務試験)合格 
    
1994-1995年 日経連職務分析センター(現日本経団連人事賃金センター)「年俸制研究部会」委員 
2006年- 中央職業能力開発協会「ビジネス・キャリア検定試験問題[人事・人材開発部門]」策定委員 
2009年 早稲田大学オープン教育センター「企業法務概論」ゲストスピーカー 

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品