jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2017.04.24]

人事評価改善等助成金

公開日 2017.4.24 深瀬勝範(Fフロンティア 代表取締役・社会保険労務士)

人事評価改善等助成金(じんじひょうかかいぜんとうじょせいきん)

 人事評価制度と賃金制度の整備を通じて、生産性の向上、賃金アップおよび離職率の低下を図る事業主に対し、国が助成金を支給する制度。人材不足を解消することを目的として、2017年4月1日に新設された。
 具体的には、一定の受給要件を満たす事業主が、次の(1)~(2)の措置を実施した場合に「制度整備助成(50万円)」が、さらに(3)~(5)を達成した場合には「目標達成助成(80万円)」が支給される。

【制度整備助成の要件】

(1)人事評価制度等整備計画の認定
人事評価制度等整備計画を作成し、管轄の労働局の認定を受けること。なお、人事評価制度等(人事評価制度と賃金アップを含む賃金制度)は、「人事評価の対象と基準・方法が明確であり、労働者に開示していること」「賃金表を定めていること」などの要件を満たすことが必要である。

(2)人事評価制度等の整備・実施
認定を受けた人事評価制度等整備計画に基づき、制度を整備し、正規労働者等に実施すること。

【目標達成助成の支給要件】

(3)生産性の向上
人事評価制度等の実施日の翌日から起算して1年を経過する日において、助成金の支給申請等を行う直近の会計年度における生産性(雇用保険被保険者1人当たりの付加価値)がその3年前に比べて6%以上伸びていること。

(4)賃金の増加
人事評価制度等の整備・実施の結果、人事評価制度等の実施日の属する月の前月に支払われた賃金の額と比較して、その1年後に支払われる賃金の額が、2%以上増加していること。

(5)離職率の低下
人事評価制度等の整備・実施の結果、人事評価制度等の実施日の翌日から1年を経過するまでの期間の離職率が、人事評価制度等整備計画を提出する前1年間の離職率よりも、下表に掲げる目標値以上に低下させること。

対象事業所における雇用保険一般被保険者の人数規模区分 1~300人 301人以上
低下させる離職率ポイント 維持 1%ポイント以上

厚生労働省「人事評価改善等助成金」に関するwebサイト:
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000158133.html


管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品