jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

人事パーソン要チェック! 新刊ホンネ書評 [2017.07.03]

[112]『マネジャーの最も大切な仕事―95%の人が見過ごす「小さな進捗」の力』

(テレサ・アマビール スティーブン・クレイマー 著
               中竹竜二:監訳 樋口武志:訳 英治出版 2017年1月)


 

 本書では、業務を通じて人の内面で起きている認識、感情、モチベーションの三つの相互作用を「インナーワークライフ(個人的職務体験)」と呼び、7業種・26チームを対象に行った日誌調査の1万2000に上る回答から、インナーワークライフを向上させることが、チームやメンバーの創造性と生産性が高めるのに最も効果的であると判明したとしています。

 第1章では、かつて称賛された企業の破滅への道のりを通してインナーワークライフの一端を紹介し、第2章では、間違ったマネジメントがチームのインナーワークライフに破壊的な影響を与える様子を紹介しています。第3章では、あるソフトウェア・エンジニアのチームで、会社の買収劇により大量解雇が始まった事例から、インナーワークライフが各人のパフォーマンスに与えた影響を紹介しています。

 第4章では、そのソフトウェア・エンジニアチームにとってある転換点となる出来事により、各人のインナーワークライフが劇的に好転していく様子を通して、人の認識、感情、モチベーションを向上させるには「やりがいのある仕事が進捗するように支援する」ことが最重要だとする「進捗の法則」を示しています。この「進捗の法則」は、著者らがインナーワークライフに影響する三つの要素として挙げているうちの第1のもので、第2の要素は「触媒ファクター」、第3の要素は「栄養ファクター」と名付けられています。続く第5章では、さらに「進捗の法則」の仕組みを解明し、なぜ「小さな進捗」が力を持つのかを示しています。

 第6章では、インナーワークライフに影響する三大要素の2番目に当たる「触媒ファクター」として、①明確な目標を設定する、②自主性を与える、③リソースを提供する、④十分な時間を与える、⑤仕事をサポートする、⑥問題と成功からの学ぶ、⑦自由闊達なアイデア交換――という七つのファクターを掲げ、失敗したプロジェクトと成功したプロジェクトでマネジャーのプロジェクトの支援方法がどう違ったかを解説しています。

 さらに第7章では、3番目の要素として掲げた「栄養ファクター」について、①尊重、②励まし、③感情的サポート、④友好関係を"四大栄養源"と位置づけ、前章と同様に失敗例、成功例でこれらを解説しています。第8章では、触媒ファクターと栄養ファクターを得るためのツールやガイドラインを示し、例として、ある化学企業のリーダーが本能的にこの体系に沿って行動し、厳しい状況にあったチームを創造的・生産的に前進させることができたケースを紹介しています。

 社員に日々の仕事日誌をつけてもらい、大量の日誌の分析から結論を導く手法が珍しく、また、各章でそうした日誌が紹介されているので一定の説得力もあります。「インナーワークライフ」というア・プリオリな切り口が絶対的なものかどうかはともかく、マネジャーとしてどうすれば個人の認識、感情、モチベーションを高めることができるかを考えることはやはり重要でしょう。

 部下マネジメントについて書かれた本ですが、常にチームということを念頭に置いており、組織マネジメントについて書かれた本であるともいえます。マネジャーが部下の認識、感情、モチベーションに寄り添い、それらを向上させることが、チーム全体の成功を左右することに直結することを示しているという点で、啓発される要素は少なからずあると思います。

<本書籍の書評マップ&評価> 下の画像をクリックすると拡大表示になります

※本記事は人事専門資料誌「労政時報」の購読会員サイト『WEB労政時報』で2017年2月にご紹介したものです。

【本欄 執筆者紹介】
 和田泰明 わだ やすあき

 和田人事企画事務所 人事・賃金コンサルタント、社会保険労務士

1981年 中堅広告代理店に入社(早稲田大学第一文学部卒) 
1987年 同社人事部へ配転
1995年 同社人事部長 
1999年 社会保険労務士試験合格、2000年 行政書士試験合格 
2001年 広告代理店を退職、同社顧問(独立人事コンサルタントに) 
2002年 日本マンパワー認定人事コンサルタント 
2003年 社会保険労務士開業登録(13030300号)「和田人事企画事務所」 
2004年 NPO生涯教育認定キャリア・コンサルタント 
2006年 特定社会保険労務士試験(紛争解決手続代理業務試験)合格 
    
1994-1995年 日経連職務分析センター(現日本経団連人事賃金センター)「年俸制研究部会」委員 
2006年- 中央職業能力開発協会「ビジネス・キャリア検定試験問題[人事・人材開発部門]」策定委員 
2009年 早稲田大学オープン教育センター「企業法務概論」ゲストスピーカー 

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品