jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2015.11.27]

BOOK REVIEW『産業医・労働安全衛生担当者のためのストレスチェック制度対策まるわかり』

武神健之、新井孝典、宮﨑貴幸、中山寛之、白井ひろ子 著
A5判/242頁/3600円+税/中外医学社 


BOOK REVIEW 
人事パーソンへオススメの新刊





 2015年12月1日施行のストレスチェック制度について、多くの企業は対応に着手していると思われる。まずは厚労省が提供しているマニュアルやツールを基に、法律で定められた最低限の対策を実施することを目指している担当者も多いのではないか。本書は、実務にかかわる企業の担当者や産業医などに向け、制度に精通した医師や看護師、社会保険労務士が記した解説書である。

 「まるわかり」というタイトルが示す通り、本書は制度の成立背景から内容の詳細に至るまでを、丁寧に解説している。厚労省の指針や法律の説明に留まらず、担当者が行えるレベルの対策にまで言及している。それを踏まえた上で、担当者が抱いている疑問点につき、対処法をQ&A形式で紹介しており、実務で難しいケースに直面した際に調べやすいよう配慮されている。本書を通じてストレス対策が広まることにより、会社内でメンタルヘルスについてポジティブに語り合える話題となる風土づくりや、セルフケアの浸透が実現することが、筆者たちが示す「まるわかり」なのである。 

 ストレスチェック制度の目的には、職場のメンタルヘルス対策(セルフケア)の強化徹底と、必要に応じた職場環境改善の促進があり、本書が目指すところはこの目的と合致する。本書を通じて制度を「まるわかり」することで、メンタルヘルスに前向きに取り組む土壌作りが始まるはずだ。

 



産業医・労働安全衛生担当者のためのストレスチェック制度対策まるわかり

内容紹介 

いよいよ、従業員50人以上の事業場にストレスチェック制度が義務化されます。「ストレスチェックって何? 何を調べるの?」「実施しなかったら、何か会社に不利益があるの?」「どんな業者に頼めばいいの?」そんなあなたの疑問に、日本ストレスチェック協会のプロ集団がズバリ!回答します。ストレスチェック制度対策は、この1冊でまるわかり!

労務管理、人事評価、ハラスメント対応など充実のコース!

労務行政eラーニング 詳しくはこちら

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品