jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2015.11.13]

BOOK REVIEW『世界最強人事 グローバル競争で勝つ 日本発・人材マネジメント』

南 和気 著
SAPジャパン株式会社 人事・人財ソリューション部 部長 
新書判/252頁/定価800円+税/幻冬舎メディアコンサルティング 


BOOK REVIEW 
人事パーソンへオススメの新刊





 グローバル化が進展する今日、日本企業の人事部門は何を目指すべきなのか。本書のメインは、伝統的な日本の人事慣行を残しながらも、グローバル人事の仕組みの導入に果敢に挑む先進企業の人事部門に対して行ったインタビューの記録である。

 著者は、グローバル人事のフレームワークについて、①経営目標を達成するための人材需要に対し、最適な社員を見つけて供給していくこと、②配置、採用、リーダー候補の選抜、教育・研修などの「人材供給サイクル」を回すこと、③組織としての一体感をつくり、活性化させることの三つに整理している。①の視点からはコマツとコニカミノルタの事例、②の視点からはLIXILグループ、BASFジャパン、スターバックスコーヒージャパン、SAPジャパンの事例、③の視点からはブラザー工業と堀場製作所の事例をそれぞれ取り上げている。 

 グローバル人事を進めるに当たり、海外のやり方をそのまま導入したり、伝統的な日本型人事をすべて批判したりするのではなく、日本の人事の強さとグローバル人事の優れた点を融合することで、海外の企業を超える「世界最強人事」が実現できるというのが本書のコアなメッセージである。その具体的な方法について、先進企業の生の声を通して明らかにしており、多くの企業の人事部門にとって実践に即した学びを得られる一冊である。

 



世界最強人事 グローバル競争で勝つ 日本発・人材マネジメント

内容紹介 

一流企業の人事戦略から学ぶ“真のグローバル人事”とは?守島基博氏(一橋大学大学院教授)との特別対談も収録!

労務管理、人事評価、ハラスメント対応など充実のコース!

労務行政eラーニング 詳しくはこちら

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品