[2014.09.12]

BOOK REVIEW『人事・賃金コンサルティング入門』

河合克彦 著 
株式会社河合コンサルティング 代表取締役 
A5判/424頁/2700+税/日本法令  


BOOK REVIEW 
人事パーソンへオススメの新刊



 35年近くもの長きに渡り人事コンサルタントとして活躍してきた筆者が、自らのノウハウを余すところなく紹介している一冊だ。主に社会保険労務士を対象としているが、人事理論やコンサルティングの進め方が詳細に記されており、人事パーソンにとっても大いに役立つことは間違いない。

 筆者のコンサルティングにおける基本理念は、「役割」「能力」「成果」の三要素を生かし、均衡させる「トライアングル人事システム」だ。これらの要素は現在広く行われている「役割主義」「能力主義」「成果主義」の基であるから、各々の特質を生かし、バランスさせるという発想で制度を組み立てるべきと述べている。

 こうした理念を踏まえた上で、営業、ニーズの聴き取りから制度構築、運用に至るまでのコンサルティングの進め方について、豊富な資料を交えて解説している。社員からのインタビュー時に気を付けること(話の順序、聴く際の留意点)やプロジェクトチーム組成時におけるメンバー選出の基準などは、コンサルティング以外の業務でも参考となるだろう。

 



人事・賃金コンサルティング入門

内容紹介 

長年経験を積んできた著者が自身のノウハウを余すことなく伝授!人事理論からコンサルティングの進め方(予備診断、人事制度再構築、説明会、研修、運用指導の手法等)までを具体的に解説!  

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

  • ログイン

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品