jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2014.07.22]

データヘルス計画

公開日 2014.7.22 深瀬勝範(Fフロンティア 代表取締役・社会保険労務士)

データヘルス計画(でーたへるすけいかく)

 健康保険組合等が、レセプトや健診情報等のデータの分析に基づいて、効率的・効果的な保健事業をPDCAサイクルで実施するための事業計画。
 近年、レセプトや健康診断データの電子化、標準化が進展してきたことにより、これらの医療データの分析が従来よりも容易に行えるようになった。「データヘルス」とは、医療保険者である健康保険組合や市町村などが、これらの医療データの分析を行い、医療費負担の実態や加入者の健康状態等を把握した上で、効果的な事業計画を策定、実行し、加入者の健康保持増進と医療費の効率的活用を図る取り組みである。
 2013年6月に閣議決定された「日本再興戦略」の中で盛り込まれ、これを踏まえて改正された「健康保険法に基づく保健事業の実施等に関する指針」において、全ての健康保険組合等に対して、2014年度中に「データヘルス計画」の作成・公表、事業実施、評価等の取り組みをすることを求めている。

 データヘルス計画の主な特徴は、次のとおり。

(1)PDCAサイクルに沿った事業運営
(2)レセプト・健診情報等を活用したデータ分析
  ①組合や事業所における全体的な健康状況・受診状況・医療費状況の把握
  ②健康リスクの階層化、保健事業の効果が高い対象者の抽出
(3)身の丈に応じた保健事業範囲
  ①加入者に対する全般的・個別的な情報提供(一次予防)
  ②特定健診・特定保健指導等の健診・保健指導
  ③重症化予防
(4)事業主との協働(コラボヘルス)
(5)外部専門事業者の活用
(6)アウトカム(成果)を重視・効果測定の徹底(データ分析により費用対効果を
  追求)


 すでに一部の健康保険組合では、データヘルス計画の策定、実行が進められており、その取り組みは、厚生労働省「被用者保険におけるデータ分析に基づく保健事業事例集(データヘルス事例集)」にまとめられている。

参考:厚生労働省「医療保険者によるデータ分析に基づく保健事業(データヘルス)について」
   ⇒厚労省ホームページ資料はこちら


労務管理、人事評価、ハラスメント対応など充実のコース!

労務行政eラーニング 詳しくはこちら

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品