jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2014.03.19]

ロケで「一気」労災死認定 中国取材先と乾杯繰り返し NHK下請けスタッフ

 

 NHK番組の制作を請け負う制作会社のスタッフだった男性=当時(31)=が、中国でのロケ中に取材先とアルコール度数の高い白酒(パイチュウ)の一気飲みを繰り返した後に死亡したのは労災だとして、東京地裁は19日、遺族補償の給付を認める判決を言い渡した。

 男性の両親が労働基準監督署の不支給処分を不服として、裁判で取り消しを求めていた。

 判決によると男性は2009年4月、NHKスペシャルの制作のため、照明・音声の担当者として、中国に出張。地方行政組織の幹部らとの会合に出席し、白酒を少なくとも10杯程度、口上を述べた後に一気飲みする「乾杯」と呼ばれる飲み方をした。泥酔状態でホテルに戻り、翌朝死亡しているのが確認された。

 団藤丈士裁判長は、この会合が飛行場の撮影許可を得る目的の親睦会だったと認定した上で「中国では注がれた酒を飲まないことは相手に失礼な行為とみられる傾向がある」として飲酒が業務だったと判断。「参加者に好印象を持ってもらおうと、勧められるまま乾杯に応じた。業務遂行のため限界を超えてアルコールを摂取した」と、労災だったことを認めた。

 渋谷労働基準監督署の武藤一雄署長は「判決内容を検討し、関係機関と協議した上で対応を決めたい」とコメントを出した。

(共同通信)

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品