jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2014.03.20]

職場意識改善助成金

公開日 2014.3.20 深瀬勝範(Fフロンティア 代表取締役・ 社会保険労務士)

職場意識改善助成金(しょくばいしきかいぜんじょせいきん)

 労働時間等の設定の改善により、職場意識の向上を図る中小企業事業主に対して、その実施に要した費用の一部を助成する制度。具体的には、所定外労働の削減や年次有給休暇の取得促進等を目的とした研修等の実施、あるいは労働時間管理の適正化に資する機械・器具の導入等の取り組み(以下、「事業」という)にかかった費用を助成する。
 支給対象は、事業開始時における労働者の年次有給休暇の年間平均取得日数が9日未満、または月間平均所定外労働時間数が10時間以上の中小企業事業主で、年次有給休暇の取得促進、所定外労働の削減等を目的として次の事業を行う場合に助成金を支給する。

(1)職場意識改善コース
 労務管理担当者や労働者に対する研修、外部専門家によるコンサルティング、就業規則・労使協定の策定・見直し等に要する費用の一部を助成する。
(2)労働時間管理適正化コース
 労務管理用ソフトウェア、労務管理用機器、デジタル式運行記録計、テレワーク用通信機器の導入・更新等に要する費用の一部を助成する。

 助成金の支給額は、事業の実施に要した費用に2分の1を乗じた額と基準額(上記(1)は20 万円、(2)は60万円)のいずれか低いほうに、成果目標の達成度に応じた補助率(3分の1~3分の3)を乗じた額である。
 なお、2014年度は、上記の2コースに加えて、週1回以上終日在宅でテレワークを導入する企業に対して導入経費等の一部を助成する「テレワークコース」が新設される予定である。


管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品