jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2013.08.23]

BOOK REVIEW『表彰制度 会社を変える最強のモチベーション戦略』

太田 肇 著
日本表彰研究所 所長
四六判/224頁/1600円+税/東洋経済新報社

BOOK REVIEW人事パーソンへオススメの新刊



「褒めて育てる」――人材育成の基本となる考え方の一つである。行動変革を促すために、どうやって社員のモチベーションを高めるかは企業にとって古くて新しい課題と言える。表彰制度はその具体策の一つだが、著者によれば、アメリカでは企業規模にかかわらず、多種多様な表彰制度が取り入れられているのに対し、日本の組織では十分に活用されていないのが現状であるという。

その一方、褒めることが嫉妬や人間関係などの摩擦を招いたり、褒めること自体が苦手な人が少なくない日本では、表彰という「制度化された承認」が特に必要であると著者は語る。そうした視点から、本書では、表彰制度の意義・効果、独自の工夫を取り入れて成果を上げている企業の表彰制度事例、自社に展開するためのノウハウの数々が紹介されている。

著者によれば、表彰制度のパターンは、①功績を称(たた)える「顕彰型」、②努力を称賛する「奨励型」、③楽しい職場づくりに貢献する「HR型」の三つに分類できるという。人事や総務の担当者に限らず、職場ごとの工夫としても取り入れやすいエッセンスが多く盛り込まれた一冊と言える。





表彰制度 会社を変える最強のモチベーション戦略

内容紹介
日本で初めて表彰制度について書かれた本です。
この本を参考にして、皆さんの会社に合った表彰制度を取り入れてみてください。驚くほど会社が変わります。
「すでに表彰制度があるけどマンネリ化している」などという場合でも、制度を見直し効果的な表彰に改革するチャンスとなります。
 

労務管理、人事評価、ハラスメント対応など充実のコース!

労務行政eラーニング 詳しくはこちら

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品