jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2013.08.16]

SaaS

公開日 2013.8.16 深瀬勝範(Fフロンティア 代表取締役・ 社会保険労務士)

SaaS(さーす)

 「Software as a Service」の略で、ユーザーがインターネット経由で、ソフトウェアの持つ機能のうち必要なものを、必要な分だけを利用するサービス、およびそのようなソフトウェアの提供形態。インターネットの普及および通信速度の高速化に伴い、広がりを見せている。

 ユーザー側から見ると、SaaSは、従来のパッケージ製品によるサービス利用、あるいは、ユーザー独自でのシステム構築と比べて、次のメリット、デメリットをもつ。

●メリット
(1)サービスの使用時間・量に応じた料金を支払えばよい(不要なサービスの料金負担を免れる)ため、短期的に見れば、導入・運用コストを低く抑えることができる。
(2)システムを構築する場合に比べると、短期間で利用を開始することができる。
(3)必要とするサービスの量が増減した場合でも柔軟に対応できる。
(4)常に最新の機能を組み込んだソフトウェアを利用できる。

●デメリット
(1)ネットワークの障害時にはサービスが使用できない。
(2)社内データが社外に漏えいするなど、セキュリティ上のリスクがある。
(3)自社のニーズに合わせてサービス内容を変更することが、ほとんどできない。
(4)長期で利用すると、システムを構築する場合よりも割高になることもある。

 なお、ネットワークを介してソフトウェアを利用するという点では、ASP(Application Service Provider)サービスと同じであるが、プロバイダーが提供するサービスの提供形態を示す用語としては、「SaaS」を用いることが多い。


管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品