jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2013.07.12]

BOOK REVIEW『決定版・ニッポンのグローバル人財教本』

原田武夫 著
株式会社原田武夫国際戦略情報研究所 代表取締役
四六判/244頁/1333円+税/飛鳥新社

BOOK REVIEW人事パーソンへオススメの新刊



「グローバル」とは誰かが自分たちの都合の良いように創り出した、単なる「コンセプト」にすぎない――これが本書の出発点。キャリア外交官から独立系シンクタンクを設立した著者は、日本の「グローバル」観に警鐘を鳴らす。「今問われているのは、国境の無くなった世界(グローバル)と真正面から向き合う『個人』としての自分だ」。

本書は、「グローバル人財」とは一体何なのか、日本にとって必要な「グローバル人財」の定義、それを目指すために何をしたらよいのかを軸に、全5章33のポイントで解説する。

「グローバル人財」になるために優れた能力は必要ない。磨くべきは“情報リテラシー”――これは国内外のビジネスをめぐる公開情報を解釈し、そこから意味を読み取っていくもの。つまり「グローバル人財」になる能力とは、「今起きていること」の原因を考え、「これから起きること」について大胆に考える能力だ。

メディアで取り沙汰されている「グローバル人財」という言葉に惑わされず、グローバルで活躍する人材を育成したいと考えている担当者、そもそも「グローバルって何?」と今さら誰にも聞けない素朴な疑問をお持ちの方にもご一読いただきたい。





決定版・ニッポンのグローバル人財教本

内容紹介
連想的思考法、コンテキスト・ラーニング、公開情報の読み解き方、国際的な資金循環の流れ…磨くべきは情報リテラシー!米欧がつくった「コンセプト」から覚醒し、自分で考え、動ける人だけが生き残る。 

労務管理、人事評価、ハラスメント対応など充実のコース!

労務行政eラーニング 詳しくはこちら

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品