jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

人事パーソン要チェック! 新刊ホンネ書評 [2013.06.27]

[28]『Q&A 管理職のための労働法の使い方』―浅井 隆


日経文庫 2013年3月



 職場で起きる労務問題について、管理職としてどう対応したらよいかを、Q&A形式で具体的にまとめたものです。労働時間管理や休暇管理などのさまざまな労務問題について、労働法の知識を頭から順番に教科書的に解説するのではなく、現実に起こり得る問題を具体的に想定して、どのタイミングで何をすればいいのか、実践的な観点から解説しています。

 法律の解説部分は、人事パーソンにとっては“おさらい”的なレベルでしょう。しかしながら、人事部とどう連携するかという視点から解説されているため、職場の管理職が単独であるいは人事部と連携して対応していくそのやり方が分かるだけでなく、それを引き取った人事部が、引き続き職場の管理職と連携して、どのような形で問題への対応に当たるのが望ましいのかを知る上でも、多くの示唆が含まれているように思いました。

 例えば、「労働時間・残業の管理」について解説した第1章には、朝、勝手に早い時間に出社し、早出残業をつけている社員がいて、そのやめさせ方をどうすればよいかという問いに対し、「始業時間までは勤務に入らず、始業時刻になったら直ちに勤務=仕事に取りかかれるように、それ以上はしないように、と指示すればよい」としていますが、こうした問題などはまさに、法律問題というより、その職場に合ったルールづくりの在り方の問題なのでしょう。

 「さぼる社員、言うことを聞かない社員をどうただすか」を解説した第3章では、社外の人への態度が悪く、評判の悪い社員に対して、その態度を改めさせるためにどうすればよいかという問いがあります。これについては、業務指示として将来の行動規範を示すことで、改善指導の対象・目的を明確にするのがよいとし、さらに、「なぜ、私だけにそういう指示をするのか」といった社員の反撃に対する対処の仕方も具体的に書かれています。

 また、無断欠勤が続いている社員を解雇せざるを得ない場合、長期無断欠勤が自然退職事由になっていないケースがあります。その場合でも、少なくとも普通解雇(懲戒解雇ではない解雇)事由になるはずなので普通解雇はできますが、解雇の意思が本人に到達しなければなりません。
 しかし、配達証明付内容証明郵便で解雇通知を発送して本人が受け取り拒否した場合は“未到達”になり、解雇の効力が発生しないため、このような場合は、内容証明郵便ではなく普通郵便で発送するようにする(最高裁は、相手方の勢力内に入ったときに到達の効果が発生するという立場なので、現に相手が受け取った事実は要しない)――といった具体的な方法論についても触れられています。このあたりはむしろ人事部マターとしての基礎知識と言えるかと思います

 以下、病気の社員や問題行動のある社員への対応、セクハラ・パワハラの防止、有期労働者・派遣労働者・請負労働者の管理、外部の労働組合への対応、など幅広い問題について、ともすると職場の管理者だけでなく人事パーソンでさえ判断を誤りがちなケースを設問形式で取り上げ、最新の改正法を踏まえつつ、予防や事後のフォローなども含め丁寧に解説しています。

 タイトルに「管理職のための」とあるため、人事パーソンはついスルーしてしまいがちな本かもしれませんが、職場の管理者とともに労務問題への対処の在り方を考えていく上で、あらためて気づかされる点が少なからずあるものと思われ、人事パーソンにもお薦めです。

<本書籍の書評マップ&評価> 下の画像をクリックすると拡大表示になります



※本記事は人事専門資料誌「労政時報」の購読会員サイト『WEB労政時報』で2013年5月にご紹介したものです
 
【本欄 執筆者紹介】
 和田泰明 わだ やすあき

 和田人事企画事務所 人事・賃金コンサルタント、社会保険労務士

1981年 中堅広告代理店に入社(早稲田大学第一文学部卒) 
1987年 同社人事部へ配転
1995年 同社人事部長 
1999年 社会保険労務士試験合格、2000年 行政書士試験合格 
2001年 広告代理店を退職、同社顧問(独立人事コンサルタントに) 
2002年 日本マンパワー認定人事コンサルタント 
2003年 社会保険労務士開業登録(13030300号)「和田人事企画事務所」 
2004年 NPO生涯教育認定キャリア・コンサルタント 
2006年 特定社会保険労務士試験(紛争解決手続代理業務試験)合格 
    
1994-1995年 日経連職務分析センター(現日本経団連人事賃金センター)「年俸制研究部会」委員 
2006年- 中央職業能力開発協会「ビジネス・キャリア検定試験問題[人事・人材開発部門]」策定委員 
2009年 早稲田大学オープン教育センター「企業法務概論」ゲストスピーカー 

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品