jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2012.11.15]

社会保険・労働保険の保険料の算定に係る現物給与の価額の適用に関する改正案(厚生労働大臣が定める現物給与の価額の一部改正について)


厚生労働省は11月15日、「厚生労働大臣が定める現物給与の価額」の一部改正案を示し、パブリックコメント(意見公募)の手続きを開始した(12月14日まで)。改正案のポイント等は下記のとおりである。

1.改正案のポイント
社会保険・労働保険の保険料の算定に係る現物給与の価額の適用の変更

2.概要
[1]社会保険
支店等も含めて一つの適用事業所とされている事業所に勤務する被保険者に係る現物給与について、本社の所在地が属する都道府県の現物給与の価額を適用する取扱いから、実際の勤務地が属する都道府県の現物給与の価額を適用するものとするよう改める。
[2]労働保険
出張所、支所等で、規模が小さく、その上部組織との関連や事務能力からみて独立性がないものについては、その上部組織および出張所等は1つの適用事業として取り扱われていたが、このような出張所等における現物給与の価額の適用についても、実際の勤務地が属する都道府県の現物給与の価額を適用するものとする。

3.適用予定日
平成25年4月1日

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495120263&Mode=0


労務管理、人事評価、ハラスメント対応など充実のコース!

労務行政eラーニング 詳しくはこちら

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品