jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2011.06.27]

賞与の法的性格はどういうものですか?


A 一般的には、賃金としての性格を持ちます。

賞与については、それが労働の対象として支払われているものであれば、一般的には賃金として取り扱われます(参考資料①)。賞与は、通常、その支給要件や支給時期、計算方法、支給対象者などは原則として当事者間で自由に定めてよいもので、毎月の賃金のように必ず支給しなければならないものとは違います。したがって、会社の業績や労働者の勤務成績、勤務期間などに一定の基準を設け、達成できない場合には、賞与を支給しないと定めることも可能です(参考資料②)。
しかし、たとえ「賞与」という名称であっても、定期的に支給され、かつその支給額が確定しているものは、賞与とはみなされません(参考資料③)。

そもそも賞与が恩恵的な給付なのか、労働の対償としての賃金として取り扱うべきなのかといった問題がありますが、労働契約、就業規則や労働協約等によって明確に定められている場合については、賃金としての性格を持つものとされています。

<参考資料>
①労働基準法第11条(賃金)
この法律で賃金とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称の如何を問わず、労働の対償として使用者が労働者に支払うすべてのものをいう
②昭22.9.13 発基17
定期又は臨時に、原則として労働者の勤務成績に応じて支給されるものであって、その支給額が予め確定されていないもの
③昭22.9.13 発基17
定期的に支給され、かつその支給額が確定しているものは、名称の如何にかかわらず賞与とはみなされない

回答者 益田浩一郎 社会保険労務士(益田社会保険労務士事務所 代表)


管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

キーワード

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品