jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

休日に労働者が会社の慰安旅行や運動会の幹事役を務めた場合、休日労働となりますか。


A 幹事役が業務であれば、休日労働となります。職場の有志が自発的・任意に実施する職場旅行等の幹事役は、労働には当たりません。

1.会社行事と労働時間

労基法上の労働時間とは、使用者の指揮命令下にあって業務に従事する時間のことをいいます。会社の慰安旅行や運動会への参加が、使用者の命令による強制的なものであれば、業務となり労働時間に該当します。
一方、参加が任意であれば使用者の指揮命令下にあるとはいえず、労働時間とはならないと考えられます。ただし任意参加の会社の行事であっても、行事自体の準備や行事中のお世話係として総務部員などが当たる場合、行事の準備・世話自体が業務の一環となり、総務部員がこれらの行為をする時間は労働時間となります。
行事の準備・世話が業務となり、その時間が労働時間と認められる場合は、これらを休日に行うことは休日労働となります。

2.会社行事と労災

職場の旅行や運動会に参加した労働者が負傷した場合、それが業務上の災害(労災事故)になるかについては、行政通達が出ています。それによると、①当該行事に労働者を参加させることが、事業の運営に社会通念上必要と認められること、②労働者が当該行事に出場することが事業主から強制されていることが必要になります。
「事業主から強制されている」と言えるためには、①当該行事が事業場所属の労働者の全員の参加を基本として定例的に行われるものであること、②当該行事の当日は、通常の出勤と同様に取り扱われ、出場しない者については欠勤として取り扱われること、という2つの要件を満たす必要があります(参考資料①)。
なお「定期的に行われる」とは、過去の開催実績がなくとも、これから定期的に行う予定のものであれば認められます。

<参考資料>
①昭32.6.3 基発465号

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品