jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

いわゆる「持ち帰り残業」は、労働時間に含まれますか。


A 使用者が承認していない持ち帰り残業は、原則として労働時間に含まれません。ただし、通常の労働時間では処理できない業務量を指示していたり、持ち帰り残業を黙認していた場合は、事実上の指揮命令があったとして労働時間と判断される可能性があります。

1.上司の指示と持ち帰り残業

会社内での居残り残業は、使用者の指揮命令下にあることが明白なので労働時間と判断される可能性が高いです。しかし労働者が自己の判断で業務を自宅に持ち帰り、自宅で残業している場合、使用者はその実態を把握できないため、持ち帰り残業は基本的に指揮命令下にないものとして労働時間にはなりません。
しかし持ち帰り残業が、上司の明確な指示に基づいて行われるとすれば、就労場所が企業施設外であろうと、会社の具体的な指示による労務の提供となりますから、それに要した時間は、当然に労働時間に含まれることとなります。

2.上司の黙示の承認による持ち帰り残業

上司から指示された業務量が膨大で、仕事の納期に間に合わず残業や休日出勤をせざるを得ないこともあります。そのような場合には、上司の明示的な指示・命令がなかったとしても、そのような業務を与えたこと自体で、黙示的に残業や休日出勤を命じたと評価される可能性があります。
また持ち帰り残業が常態化していて、上司もその事実を把握していた場合は、黙示的に持ち帰り残業を命じていたと判断される可能性が高くなります。

3.持ち帰り残業の禁止

持ち帰り残業を明確に禁止し、持ち帰り残業をしなくとも業務が遂行できる状況であれば、労働者が自己の判断で行った持ち帰り残業は労働時間になりません。それどころか持ち帰り残業禁止命令違反となります。
持ち帰り残業は機密情報が流出する可能性もあり、今後は厳重に管理するべきでしょう。業務の個別化とパソコンなどの普及によって、会社でなくとも業務を行うことが可能となり、持ち帰り残業を行いやすい環境になっています。留意が必要です。

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品