jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

出張のための移動時間は、労働時間に含まれますか。


A 出張のための移動時間は、使用者からの具体的な労務提供の指示がないので原則として労働時間には含めません。

1.移動時間と労働時間

労基法上の労働時間とは、労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間のことを指します。移動時間中に使用者の明示または黙示の指示がなく、労働者が間接的に拘束されているに過ぎない場合には、移動時間は労働時間に含めません。
例えば、出張のための移動や、出張先から別の出張先への移動は、使用者からの労務遂行に関する具体的な指示がなされておらず、労働者がどのような時間の過ごし方をしていても許されるのであれば、労基法上の労働時間には該当しません。

2.出張中の中日(なかび)

出張中の中日など用務のない日については、出張という目的のために場所的な拘束が生じていたとしても、単なる移動や出張先での滞在であれば、労基法上の労働時間には含めません。

3.出張中の事故

出張中の移動等は労働時間に含めませんが、出張中の事故による負傷については、出張中の移動も含めて業務上の事故となり、原則として労災補償の対象となります。なお過労死をめぐる紛争が発生した場合、出張のための移動時間は、直ちには労働時間として算定されないものと考えられますが、出張の頻度・回数が多数回に上る場合は、業務上の負荷として考慮される可能性もあります。

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品