jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

労働基準法の労働時間規制における「1週間」「1日」の定義を教えてください。


A 「1週間」とは、就業規則等で特に定めがなければ暦週(日曜日から土曜日まで)を意味します。「1日」とは、原則として暦日(午前0時から午後12時まで)を指します。

1.労基法による労働時間規制

労基法(32条)は、1週間の法定労働時間の上限を40時間、1日の法定労働時間の上限を8時間と制限しています。この規制の主旨は、1週間単位の労働時間を短縮しようという政策目的の下、1週間の労働時間の上限を40時間とする一方、1週間の労働時間を各日の労働時間として割り振る場合にも上限(8時間)を設定するというものです。なおこの労働時間の上限規制の例外が認められるのは、労基法33条(災害時などの時間外労働)、36条(36協定の締結)等の法定除外事由が存在する場合に限られます。

2.「1週間」の定義

労基法(32条)でいう1週間とは、どのような区切りで7日間をとったとしても、労働時間が40時間以内とならなくてはならないということを意味するものではありません。基本的には就業規則等で、「1週間とは月曜日から日曜日とする」などと定めれば足ります。就業規則等で特段の定めがない場合には、暦週(日曜日から土曜日)で区切るのが行政の解釈です(参考資料①)。

3.「1日」の定義

1週間と同様、労基法上「1日」についても定義規定がありません。そこで「1日」は、午前0時から午後12時までのいわゆる暦日をいうとの行政解釈が出されています(参考資料①)。ただし、継続勤務が日付を超えて2暦日にわたる場合、たとえ暦日を異にする場合でも1勤務として取り扱い、その勤務は始業時刻の属する日の労働として労働時間がカウントされます。例えば午後6時から翌朝6時までの業務では、暦日で分けずに、始業時刻の属する日の労働として扱い、12時間労働とします。この場合、労働時間の途中で1時間の休憩を与えなければなりません(労基法34条)。

<参考資料>
①昭63.1.1 基発1号

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品