jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

労働者が退職願・退職届を提出した後に、これを撤回したいと申し出た場合、撤回を認めなければなりませんか。


A 退職願については退職を会社が承諾するまで、退職届についてはそれが会社に到達するまでの間については、撤回を認めるべきでしょう。

1.退職願・退職届(辞表)

「退職願」は、会社の承諾を得て退職するという形式の文書です。「退職届(辞表)」は、労働者が一方的に退職の意思を伝える文書です。退職願、退職届を提出した労働者が、後になってこれを撤回したいと申し出る場合がしばしばあります。この場合、会社が撤回を認めるのであれば問題はありませんが、会社が撤回を拒否したい場合は、状況によって対応が異なります。

2.「退職願」の場合

労働者が、「○月○日をもって退職いたしたく、ご承認をお願いいたします」といった形の「退職願」を提出した場合、これは、法的には労働者から会社に対する労働契約の合意解約の申込と解釈されます。合意解約の申込は、会社の承諾があって初めて解約の効力が生じることになります。逆に言えば、会社が承諾するまでの間は、労働者はこれを一方的に撤回することが可能であると考えられています。(参考資料①)

3.「退職届(辞表)」の場合

労働者が「○月○日をもって退職いたします」といったような形で、「退職届(辞表)」を提出した場合、これは、法的には労働者からなされる一方的な退職(労働契約の解約)の告知であると解釈されます。会社の承諾や合意がなくとも労働契約の解約(退職)の効力を発生させますので、その通告が会社に到達した時点で労働契約の解約となり、以後会社は労働者からの撤回に応じる義務はありません。

4.紛争予防のために

労働者が退職を申し入れた際、それが合意解約の申込であるか、一方的な退職の意思の通知であるかの違いを明確に意識しているとは限りません。労働者から退職の申し入れがあった際は、労働者の真意を確認したうえで、会社として退職を認めた旨を文書等で明確にしておくことが、紛争発生の予防という点からは望ましいでしょう。

<参考資料>
①白頭学院事件(大阪地裁 平9.8.29判決)

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

キーワード

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品