jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

出向中の労働者の賃金の支払いや人事考課は、出向元・出向先のどちらが行うのでしょうか。


A 出向者の賃金の支払いや負担割合などは、出向元・出向先間の取り決めによります。また人事考課は、出向先から提供された資料に基づき原則出向元が行います。

1.出向中の労働者の賃金

出向は、労働者が出向元従業員としての地位を維持しながら、出向先の指揮命令下で労務を提供するという形態です。また出向は、労働者と出向元・出向先との間に、二重の労働契約関係が成立していると解されています。この二重の労働契約関係とは具体的には、出向者に対する使用者としての責任・権限を出向元・出向先で分担して持つということです。
また出向者に対する賃金の支払い義務や賃金の負担割合については、特に法律上の規制はありませんので、出向元と出向先で協議し取り決めすればいいでしょう。ただし出向者はもともと出向元との間で労働契約を締結し、出向元の命令で出向先にて就労しているのですから、出向先が出向者の賃金を支払わない場合は、第一義的には出向元が支払うべきでしょう。

2.出向者の人事考課

人事考課は昇進・昇格や昇給の判断材料を得るために行われます。これらは最終的には賃金額に反映されるので、最終的な賃金支払い義務を負担する出向元が行うことが原則となります。ただし出向元では、出向者の勤務態度や勤務成績について評価できないので、出向先の人事データーを入手して昇進・昇格等の資料とします。
なお出向者と出向元との労働契約関係は続いているので、出向先から出向元への人事データーの提供が、個人データーの第三者提供(参考資料①)には当たらないと思いますが、出向先が提供しうる情報の範囲を限定する意味でも、人事評価データーの提供について事前に出向元、出向先、労働者の三者間で取り決めをしておくことが望ましいでしょう。

<参考資料>
①個人情報保護法23条1項

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品