jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

出向中の労働者に対し、出向先が他社への出向を命ずることは可能でしょうか。


A いったん出向元に復帰させたうえで、新たな出向先への出向を命じるのが妥当でしょう。

1.出向と労働者派遣

出向と労働者派遣は全く別のものですが、実際は非常に近い関係にあります。出向は、自社(出向元)で雇用している労働者を他の会社(出向先)に送り込み、出向先の指揮命令下で就労させる形態です。一方派遣は、自社(派遣元)で雇用している労働者を他の会社(派遣先)に送り込み、派遣先の指揮命令下で就労させる形態です。非常に類似しています。
ところで派遣元から派遣されてきている労働者を、派遣先がさらに別の会社へ派遣するという二重派遣は、労働者派遣法が予定する労働者派遣の範囲には含まれず、職業安定法によって禁止された労働者供給に当たり違法とされています(参考資料①)。二重派遣は、派遣労働者に対する労働契約上の使用者が誰であるかが不明確になりやすく、また派遣労働者を派遣先から新たな派遣先に次々と派遣することで、多重的に中間搾取が行われやすいからです。

2.二重派遣と再出向

出向者を新たな出向先に出向させる再出向は、職業安定法で禁止されている二重派遣に似ており違法ではないのかという見解があります。しかし出向は、出向者と出向元・出向先との間で二重の労働契約関係にあるとされていますので、派遣労働者と派遣先との間に労働契約関係がない労働者派遣とは異なります。よって出向先が出向社員をさらに別の会社へ出向させることは、二重派遣に該当せず、法律上は禁止の対象とはなっていないと考えられます。

3.再出向の問題と実務対策

再出向が違法ではないとしても、出向先がどのような根拠に基づいて、出向者に対し一方的に再出向を命じることができるのかという点は明確ではありません。したがって実務上は、復帰命令により一度出向元へ復帰させたうえで、出向元が新たな出向先への出向を命ずるという方法をとることが望ましいと思われます。

<参考資料>
①労働者派遣法2条1号、職業安定法4条6項、職業安定法44条、職業安定法64条9号

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品