jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

出向労働者には、出向元、出向先のいずれの就業規則を適用しますか。


A 労務提供および服務規律等に関する事項は出向先、従業員としての身分にかかわる事項については出向元の就業規則が適用されるのが基本です。

1.出向期間中における就業規則の適用関係

出向中の労働者は、出向元および出向先の双方との間で、二重の労働契約関係にあるとされています。出向期間中であっても、出向元との労働契約関係が存続しているので、労務提供を前提としない就業規則の規定については、引き続き出向元の就業規則が適用されることになります。
これに対し、出向労働者が労務を提供するのは出向先になるので、始業・終業時刻、休日といった労働時間管理に関する事項や、服務規律・職場秩序維持に関する事項については、出向先の就業規則が原則適用となります。

2.出向期間中の賃金

出向期間中の賃金を、出向元および出向先のいずれが負担するのかについては、特に法律上の決まりはありません。出向元と出向先間の出向契約により、賃金の負担や支払いについて決定することになります。

3.出向期間中の休職

就業規則中に休職に関する規定を設けている企業は多いと思います。休職は出向先での労務提供の一時的な停止ですので、出向先の休職規定が適用されそうですが、休職とは労働者の身分に関することなので基本的に出向元の就業規則の規定を適用します。
仮に出向元の就業規則を適用せず、出向先の休職規定で労働者を休職させた場合、労働者がそのまま復職できなくなると困ったことになります。休職期間満了による自然退職や解雇は、労働契約の終了そのものですので、出向元の就業規則でないとできないからです。
実務上は、「出向先の休職事由に該当した場合は、出向が終了したものとして扱い出向元に復帰する」という規定を出向元の就業規則に定めておくとよいでしょう。

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品