jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

出向者に対する、労働基準法等の適用はどうなりますか。


A 実質的な権限を出向先と出向元のどちらが有しているかによって個別に判断されます。

1.出向と使用者責任

出向とは、労働者が出向元の従業員としての地位を維持しながら、出向先の指揮監督の下に労務を提供する形態です。出向は、出向元および出向先双方と労働者との間に、「二重の雇用関係」が成立していると解されています。
出向者については、労働基準法、労働安全衛生法、労災保険法その他の労働法規について、出向元が責任を負う場合と、出向先が責任を負う場合とに分けられます。具体的には、出向元・出向先および出向者の三者間の取り決め(出向契約)で定められた出向元・出向先の権限と責任の配分によって、それぞれの使用者責任が決まります(参考資料①)。

2.労働法規上の使用者責任

協定の締結など労働基準法上の労働時間に関する使用者責任については、出向元と出向先のどちらが出向者の労働時間を管理しているかによって決まります。(参考資料②)。
労働安全衛生法上の事業主責任については、労務の提供を受けている出向先が負うことになります。出向者に対する安全配慮義務を出向先のみが負うと判断した裁判例もあります(参考資料③)。
労災保険法上の事業主についても、通常は労務提供先である出向先ということになるでしょう(参考資料④)。
雇用保険の事業主については、出向元と出向先のいずれの賃金負担が多いかによって決まります。また出向者のセクハラ行為についての使用者責任は、出向元ではなく出向先が負うと判断した裁判例があります(参考資料⑤)。

<参考資料>
①昭61.6.6 基発333号
②昭35.11.18 基収4901の2
③協成建設工業ほか事件(札幌地裁 平10.7.16判決)
④昭35.11.2 基発932号
⑤建設会社A社事件(東京高裁 平9.11.20判決)

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品