jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

出向について就業規則で定める場合、どのような点に注意が必要ですか。


A 出向が業務命令である旨を明確に定めておくことが重要です。出向期間、出向中の労働条件、出向元と出向先で労働条件が異なる場合の取り扱い等も規定しておくべきです。

1.就業規則に基づく出向命令の根拠

就業規則に出向規定を設けることで、使用者は出向させる労働者から個別に同意を得ずに出向命令を発することができます。出向規定を根拠に、労働者から事前に包括的同意を得ていることになるからです。
具体的には、「業務上の必要により、他社等への出向を命ずることがある」のように、業務命令によって他社へ出向することが労働契約の内容(労働者の義務)となっていることを、明確な文言で定めておく必要があります。
これに対し、就業規則等で「出向中の労働条件」に関することしか規定されていない場合は、出向命令の根拠とはなりません。「出向中の労働条件」は、労働者が出向に同意した場合の労働条件を定めているにすぎず、その前提となる「労働者の同意」の根拠にはならないからです。

2.裁判例

労働者の出向条件を本社勤務時よりも不利益にしない旨を骨子とする労働組合との取り決めを、「出向する場合の条件を取り決めたものにすぎず、従業員の出向応諾義務を定めたものと解することはできない」と判断した事例(参考資料①)や、会社と組合との間で交わされた出向についての覚書を、「出向が行われる場合における労使間の手続きおよび出向組合員の身分保障等の原則を定めたもの」であって、「出向命令権自体または労働者の出向応諾義務自体定めたものでない」として、出向命令の根拠となりえない旨を示したものがあります(参考資料②)。

3.出向規定の内容と出向命令の有効性判断

就業規則で出向命令の根拠を明確にしたとしても、全ての出向命令が有効となるわけではありません。労働契約法14条は、「出向の必要性」や「対象労働者の選定」等で、出向命令権が濫用と認められる場合には、出向命令自体が無効となる旨を規定しています。
一方、出向先での労働条件が明示されていないとしても、直ちに出向命令が無効となるわけではありませんが(参考資料③)、出向命令の有効性の判断に当たっては、根拠となる出向規定において、出向先の範囲、出向の手続き、出向中の労働条件等が、労働者の利益に配慮する形で整備されているか否かを判断要素として考慮する傾向にあります(参考資料④)。したがって、就業規則で出向規定を定める場合には、こうした規定も整備することが重要です。

<参考資料>
①神戸高速鉄道事件(神戸地裁 昭62.9.7判決)
②日本通信工業事件(横浜地裁川崎支部 昭50.12.26決定)
③日本ハイパック事件(長野地裁松本支部 平元.2.3決定)
④新日本製鐵(日鐵運輸第二)事件(最高裁二小 平15.4.18判決)

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品